AO入試・推薦入試・小論文対策の塾

慶應義塾大学法学部FIT入試B方式合格!藤田さん

AO入試・推薦入試・小論文対策の塾洋々 > 洋々 卒業生の合格校 > 慶應法 FIT入試 > 慶應義塾大学法学部FIT入試B方式合格!藤田さん

自分の持ち味をしっかり見つめ、激戦の南関東ブロックでFIT入試B方式に見事合格!

乗り越えた今、大学に入ってからの時間をより濃く出来るという自信があります。

神奈川県 私立 鎌倉女学院高校

慶應義塾大学法学部政治学科 FIT入試B方式合格

この度は慶應義塾大学法学部のFIT入試合格、おめでとうございます。2次選考が終わった後、どのような感触でしたか。

総合考査はそれなりに書けた自信はあったのですが、面接が自分のイメージ通りにはならなかったことが大きくて、終わった時は正直「やばい」と思いました(笑)。基本的に出願書類からの質問しかされなかったのですが、質問と言うよりは議論のような投げかけ方だったこともあり、冷静さを欠いてしまったのかもしれません。
ですが、時間がたつにつれて、もしかしたら行けるかもという気持ちが強くなってきました。いい結果につながって良かったです。

合格発表の瞬間を教えて下さい。

その日学校が休みだったため、家で見ました。10時発表でしたが、ちょうどに見ようかどうか迷って、結局少し時間がたってから見ました。「合格」の赤い文字を見た時「あ、受かった!」とは思いましたが、中々実感が持てませんでした。

FIT入試の準備はいつ頃始めましたか。

受ける、と決めたのは6月に入ってからでした。私には姉がいるのですが、姉は自己表現がとても上手で将来の目的もはっきりとしており、それを活かして大学受験もAO入試で決めていました。そんな姉が近くにいたため、AOは自分には関係ないものとはじめは決めてかかっていました。が、調べに行くうちに、AO受験といっても、一括りにできない個性があると気づき、FIT入試B方式は自分にも向いているかもしれないと考えました。第一志望合格のチャンスが増えるなら、と思って受験を決めました。

準備はどのように進めましたか。

受験を決めてから、家族にアドバイスをもらいながら志望動機書と志願者調書を何度も書き直しました。特に志望動機書は、書いてはダメ出しを受ける、を繰り返し、小さい頃から文章表現には厳しかった母からは何度も厳しくチェックされました(笑)。最終段階で洋々に見てもらい、安心して提出できることができました。
2次選考の準備は、洋々を中心に進めました。それ以外に学校がやってくれた小論文の授業も活用しました。

2次選考本番はいかがでしたか。

総合考査は洋々で鍛えられていたせいか、特にIは易しく感じました。IIも、落ち着いて取組むことが出来ました。  面接は、出願書類からの質問ばかりだったのですが志望理由には直接は触れられず、それ以外のところから聞かれた印象でした。また、質問と言うよりは議論を提示されるような投げかけが多く、難しい問いかけもあって戸惑うこともありましたが、それまで自分の考えてきたことを精一杯話したつもりです。
総合考査から面接まで、私は2時間ほど待ち時間がありました。その間は、出願書類や洋々のサポート記録も全部プリントアウトして何度も読み返していました(笑)。

洋々のサポートはいかがでしたか。

「めちゃくちゃ良かった」です。私は総合考査と面接を厚めにサポートしてもらいましたが、どちらも毎回色んな学びや気付きがありました。特に総合考査の準備は、表やグラフに苦手意識があった私の不安を解消してくれただけではなく、そうした資料を読み解く重要性や面白さも教えてくれました。また、面接も自分の世界観を一層固められただけでなく、話すことに自信を持つことが出来るようになりました。この経験は、得難いものだったと思っています。

これからAO入試を受験しようと思っている方にアドバイスをお願いします。

進学校である私の高校は多くの人が一般入試メインで受験をするため、AO入試は逃げ、と思っている人もいました。ですがAOを経験してみて、決してAO入試は逃げではないと断言できます。終わった後だから笑って言えますが、出願書類の準備も、面接の準備も、どちらも相当きつい作業でした。自分のこれまでを振り返り、未来のことを考えるという、どこにも答がない中で自分なりの答を見つけなければならない時間は本当にしんどい作業でした。ですがこれは是非入学前にやっておくべきです。これを乗り越えた今、大学に入ってからの時間をより濃く出来るという自信があります。一般入試との両立は大変な部分もあるとは思いますが、チャンスを増やす為、と考えてぜひ皆さんも挑戦してみてください。頑張って下さい!

ありがとうございました。今後のご活躍を、洋々スタッフ一同、心からお祈りしています!