AO入試・推薦入試・小論文対策の塾

高校1年生から目指してきた上智大学法学部法律学科公募推薦に見事合格!A.H.さん

AO入試・推薦入試・小論文対策の塾洋々 > 洋々 卒業生の合格校 > 上智 公募推薦・帰国生入試 > 高校1年生から目指してきた上智大学法学部法律学科公募推薦に見事合格!A.H.さん


高校1年生から目指してきた上智大学法学部法律学科公募推薦に見事合格!

「洋々は話しやすい環境でした。気になったことなど1対1で質問しやすかったです。」


A.H.さん

東京都 私立G高校

上智大学 法学部法律学科 公募推薦入試 合格

合格発表の瞬間について教えてください。

家に帰りインターネットで確認しました。嬉しさよりも驚きの方が大きかったです。家族も一緒に喜んでくれました。

上智大学を目指したきっかけを教えてください。

高校1年生からいくつか大学を調べていく中で上智大学のオープンキャンパスに行き、公募推薦の存在を知り、もしかしたら挑戦できるかもしれないと考え始めました。それから実際に受験しようと決めたのは高3の春でした。

出願書類の準備はどのように進めていきましたか?

高3の7月から洋々で進めていきました。最初はメンターの方のアドバイスをもらいながらレポートのテーマとする社会問題を決め、それに関する知識を身に付けていきました。7月の終わりからは実際に出願書類を書いていきました。レポートは分量が多く、何をどのくらい書けばいいのかが分からず難しく感じました。そうしたときに洋々のメンターから、それぞれの内容をどのような割合で書くのがいいのかということについてアドバイスをいただき助かりました。アドバイスは型にはめるようなものではなく受け入れやすかったです。

面接の準備はどのように進めていきましたか?

洋々の面接準備サポートでは、プロから様々な質問をしていただきました。プロには短くテンポよく答えることを重点的に練習してもらいました。本番当日でも、それまでの練習を思い出し「きっと大丈夫」と思えました。

面接練習では出願書類にたくさん思いを込めた分、口頭で上手く伝えられず、話が長くなってしまいがちでした。そこで重要なポイントを箇条書きにして、質問に対してはニュアンスだけは外さないよう、なるべくその場で考えて返答する練習をしました。

小論文の準備はどのように進めていきましたか?

洋々では学校では習わなかった文章の組み立てを学ぶことができました。それまで私は時間をかけて書くタイプだったのですが、制限時間を意識し、速く書くための方法を洋々の先生に聞きながら、時間配分を自分で決めていきました。

本番当日はいかがでしたか?

小論文はこれまで書いたことのないテーマだったこともあり、言いたいことを書ききれなかったという思いがありましたが、面接で当日の小論文についても質問があるということを聞いていたので、面接までの時間で書ききれなかった部分について自分なりに考えを深めておきました。

実際に面接では小論文の内容についてもっと詳しく教えてと言われたり、付け加えたいことを聞かれたりしたので、そこである程度挽回できたのかなと思います。

全体を通じて洋々はいかがでしたか?

洋々は話しやすい環境でした。気になったことを1対1で質問しやすい雰囲気がありました。メールで質問すればすぐに返信をくれ、家にいても困ったら聞ける安心感がありました。教室にあるお菓子もいつもおいしくいただいていました(笑)。そうした環境だったので、サポート中でもリラックスしていろいろと話せました。

今後受験される方へのアドバイスをお願いいたします。

受かるかどうかは別にして、公募推薦で自分を見つめ直すことは将来を見つめ直すことにもなり、挑戦すること自体に意味があると思いました。自分はこういうことを学んでいくのだなということが分かりました。ぜひがんばってください! 

どうも有り難うございました。A.H.さんの今後のご活躍を、洋々のスタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。