早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科AO入試合格!K.M.さん

AO入試・推薦入試・小論文対策の塾洋々 > 洋々 卒業生の合格校 > 早稲田政経 グローバル(旧AO)入試 > 早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科AO入試合格!K.M.さん

外交官として活躍する夢を貫き、早稲田政経AOに見事合格!

「うわべだけの志望理由ではなく、言葉にしきれなかった「世界観」を考え抜くことが出来ました。」

東京都 私立 G高校

早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科 AO入試 合格

合格発表の瞬間について教えて下さい。

 合格を確認してもすぐには信じられませんでした。また、面接が終わった時も手ごたえを感じられなかったので、ホッとしたというのが正直な気持ちでした。

2次選考本番は、どのような感じでしたか。

 雰囲気は良く、面接はあっという間に終わった感じです。終わった直後は、何を聞かれて何を話したかほとんど覚えてないくらい全てを出し切ったつもりでしたが、一方で、圧迫面接になることも覚悟していたので、終わった時には「え、もう終わり?」という感覚にもなりました。確かな手ごたえは感じられず、結果を見るまでは不安でした。

志望校を志したのはいつ頃でしたか?なぜですか?

 高2の終わり頃です。それまでは国公立も視野に入れて一般入試の勉強はしていたのですが、自分の持ち味を最大限に活かして挑戦したいと考えるようになり、私立を中心に考えるようになりました。大学について調べ始めたのもちょうどこの頃です。調べる中で、興味の方向に合ったのが早稲田の政経でした。

準備はいつ頃からどのように進めたのでしょうか。

 出願書類は中1の頃から通っていた一般対策の塾で、アドバイスを貰いながら完成させました。
 小論文と面接は、一般対策の塾で単発の講座を受講したことはありましたが、他の科目を優先していたためなかなか手が付けられずにいました。ですが一次合格を頂いた時に、さすがにここでしっかり準備しなかったら後悔すると思い、個別指導を受けられるところを探していたところ、洋々を見つけました。

洋々のサポートはK. M. さんの役に立ちましたか。

 はい。私は小論と面接で洋々のお世話になったのですが、どちらも非常に役に立ちました。
 小論文は「シンプルパック」という講座を受講したのですが、出来不出来が分かりにくい小論文で、すぐに点数を出して貰えたため、今の水準を客観的に把握することが出来ました。また、一方的な添削ではなく、マンツーマンで直接フィードバックを貰え、分からないところは質問をして細かく修正を重ねることが出来たのもとても助かりました。
 また面接については、洋々に来たからこそ合格できた、と断言できます。政経の出願書類はそれほど量が多くないので、書類に書かれていない部分をどれだけ確かなものに出来るかがとても重要になります。洋々のプロとのディスカッションを通じて、うわべだけの志望理由ではなく、言葉にしきれなかった「世界観」を考え抜くことが出来ました。この時に付けてもらった自信があったため、本番の面接でも困ることはありませんでした。

これから受験に挑む人へのアドバイスがあれば頂けますか。

 何よりも自分に自信を持つことが大切です。自信を持つのは簡単ではありませんが、もうこれ以上出来ない、と思えるくらいまでやり切ることで、最後にそれが自信に変わるのだと思います。
AO入試では、自分を徹底的に見つめることが求められます。準備は決して楽とは言えませんが、単なる入試を超えて、得るものは多いです。普通に高校生活を送るだけではなかなか考えることのない将来について、そして何のために大学に行くのか、をはっきりさせることができます。AOの準備をしたからこそ、私も自信を持って大学に進むことが出来ますし、濃密な4年間を過ごしたい、と心から思えるようになりました。
皆さんもぜひ頑張って下さい!

有り難うございました。K. M. さんの今後のご活躍を、洋々のスタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。