AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々

トップスクールの受験資格


AO入試・推薦入試はごく限られた一部の大学・学部が採用している試験形態ではない、ということをおわかりいただけたと思いますが、では、この試験は、ごく限られた飛びぬけた才能または実績を持つ「神童」のような受験生のみの試験でしょうか?

下記人気大学・学部の受験資格の要件をご覧いただけば、AO入試・推薦入試は、受験生個々人が必ず持っている多様な潜在能力と将来像が問われる試験であって、決して一部の飛びぬけた「神童」のためだけの試験ではないことが、ご理解いただけると思います。

慶應義塾大学総合政策学部・環境情報学部の受験資格


A方式の受験資格の場合(2016年度)

以下の(1)~(4)の条件を全て満たす者
(1)次の1つ以上に該当する者

①高等学校 (特別支援学校の高等部を含む) もしくは中等教育学校を卒業した者、 および入学までに卒業見込みの者
②高等専門学校の第3学年を修了した者、 および入学までに修了見込みの者
③学校教育法施行規則第150条にある高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、および入学までにこれに該当する見込みの者
(a) 外国において学校教育における12年の課程を修了した者、 および入学までに修了見込みの者、 またはこれらに準ずる者
で文部科学大臣の指定したもの
(b) 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程または相当する課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程
を修了した者、 および入学までに修了見込みの者
(c) 専修学校の高等課程 (修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。) で文
部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者、 および入学までに修了見込みの者
(d) 文部科学大臣の指定した者 ※昭和23年文部省告示
(e) 高等学校卒業程度認定試験に合格した者、 および入学までに合格見込みの者で、 入学までに18歳に達するもの (大学入
学資格検定に合格した者を含む)
(f) 本学において、 個別の入学資格審査により、 高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、 入学までに18歳に達するもの
なお、 入学資格審査の対象者は、 高等学校段階を有する外国人学校を卒業した者とします。 申請については出願最終日の1ヶ月前までにアドミッションズ・オフィスまで申し出てください。

(2)本大学総合政策学部・環境情報学部への志望理由や入学後の構想が明確であり、 第一志望としていずれかの学部での勉学を希望する者

(3)本大学総合政策学部・環境情報学部の学習・研究環境を積極的に活用し、 入学後の目標や構想をより高いレベルで実現するに十分な意欲と能力を有する者

(4)学業を含めたさまざまな活動に積極的に取り組み、 その成果が次の一つ以上に該当すると自己評価できる者

A 学術・文化・芸術・スポーツなどさまざまな分野において、 研究、 創作発表、 コンクール、 競技などの活動を通し、 社会
的に評価を得ている
B 外国語能力やコンピュータ技術等の技能において優れており、 高度な資格や技術を有している
C 社会的な奉仕活動やその他の社会活動を通し、 その成果や業績が認められている
D 学業が優秀であり、 創造的、 積極的な学習姿勢を堅持している
E 学業、 人物ともに優れ、 地域社会や高等学校等において指導的な役割を積極的に果たすなど、 評価を得ている
F 関心や興味を持ったテーマに関して自由研究や自主学習などの自発的な取り組みを開始し、 成果をあげている

(4)の要件は一見すると、一部の「神童」のみを対象にしていると感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、繰り返しますが一部の「神童」のみを対象にした試験ではなく、現に多様な能力・実績を持った方が実際に合格を勝ち取っていらっしゃいます。

ここで重要なのは、いかに自分自身の「過去」・「現在」を振り返り、自分自身は一体何に興味を持って熱中し、これにより他者から評価を得てきたか、を振り返り洗い出すことです。
皆様のこれまでの人生において必ず何かしら、興味を持って熱中し成果をおさめたことがあるはずです。

AO入試・推薦入試で重要なのは、「過去に何をしてきたか?」ではなく、「過去にしてきたことを使ったこれから何ができるか?何をするか?」なのです。志望大学に入学し勉学に励み卒業後、社会にでて貢献・活躍し、卒業生として志望大学の実績にどのような貢献ができるか、なのです。

洋々の指導は、何かの型に当てはめるのではなく、マンツーマン形式の個別指導を通じて、受験生の方の「過去」と「現在」を振り返って、あなたがこれまで興味をもって熱中し、他者から評価を得てきたものを洗い出し、これを大学入学後の勉学を通じて如何に社会に役立てるか、についてあなたが発見することをサポートいたします。