AO入試・推薦入試・小論文対策の塾

吉田優一(慶應総合政策)


洋々のAO入試対策 メンター紹介

メンター略歴

郁文館グローバル高等学校卒
早稲田大学人間科学部人間情報科学科退
慶應義塾大学総合政策学部在

自己アピール

  私は九月入学AO入試で慶應義塾大学総合政策学部に受かりました。

 私は日本人とブルガリア人のハーフでロシアやニュージーランドに滞在したという経験もあり、国際政治・国際関係論に興味がありました。
 そこで私はどうしても慶應SFCの研究会等を通して国際政治・国際関係論を学びたく、仮面浪人をしながら、SFCのAOを受け合格を勝ち取りました。
 現在は研究会や外部のゼミ、大学の弁論部等で有意義な時間を過ごしています。

 AO入試の準備は自分の人生において非常に重要な時期だったと思います。AOの準備は自分の方向性や今後何をしたいのかを見つめ直す良いきっかけになりました。
 またAOでは上記のことを見つめ直すだけではなく、それらを相手に伝えなくてはなりません。SFCはなにを求めているのかを基にどう伝えるのかを考えなくてはなりません。

私はこの「どう伝えるか」という点でみなさまのお手伝いができると思います。

AO入試を志す受験生へのアドバイス

 相手に何かを伝え納得させるにはロゴス・パトス・エートスの3つを意識することが重要だと思います。
 私は、ロゴスは論理、パトスは感情、エートスは人格だと認識しています。
 志望動機書や面接では理路整然(ロゴス)とすることはもちろんのことですが、そこには自分の思い(感情)がなくては相手の心に響きません。
 またエートスとは自己の人格によって相手を納得させることで「自己言及性」がポイントになると思います。
 自分のやりたい分野や自分が解決したい問題との自分の関わりや思いといったものが非常に重要なものとなると思います。

 私はこれらのことを踏まえてみなさんのお手伝いができると思います。
 まだまだ考えが固まってなくても大丈夫です。このAO入試の準備を経てみなさんが大きく成長することができると思います。一緒に頑張っていきましょう!