「21世紀の組織はオーケストラ型ではなく、ジャズバンド型になる」(P.F.ドラッカー)。 演奏者がリーダーの指揮を待つのではなく、演奏する「主題」だけを共有した演奏者同士が、客席の反応とお互いの呼吸を読みながらアドリブで曲を作り上げていかなければ、変化に追いつけない、とドラッカーは20世紀の後半に喝破した。 これまでにいくつかの記事で組織について考察した(過去記事「最強の組織」「司令塔なき組織」)が、その後もずっと、私たち洋々が一人でも多くの人にいい「音楽」を提供していくためにはどうしたらいいか [→続きを読む]

SFCのAO入試の受験生を応援する立場ながら、生の研究にしっかりと触れたことがほとんどなかったが、はじめてSFCの研究会の展示会に足を運んだ。 SFCの石川初研究会によるLANDWALK-KITと名付けられたその展示会の公式サイトには、「私たちは外へ出て地上を歩き(LANDWALK)、世界を切り取って理解し、提案を世界に返す道具(KIT)を工夫し、磨いています。」とある。江戸時代の切絵図による渋谷の表現、コンクリートネイティブである若者にとってのコンクリート、ジェットコースターの造形に見えるもの [→続きを読む]

 2001年に湘南新宿ラインが走るようになってから、首都圏の交通の利便性は格段に上がった。湘南新宿ラインに限らず、近年の首都圏における鉄道の相互乗り入れの充実によって、今や成田から羽田へも、川越からみなとみらいへも、大宮から小田原へも、三田から日吉へも乗り換えなしで行き来できるようになった。反面、自分とは全く関係ないところで起こった事故を意識することも増えた。鴻巣あたりで架線にビニール袋が引っかかったり、桶川近くで線路に人が立ち入ったりして、横浜で電車が大幅に遅れるくらいのことにはもう慣れた。京 [→続きを読む]

 幸い大事にならずに済んだが、数週間前にバイクで事故った時の傷が中々治らない。久しぶりに怪我をすると恐らく加齢による自然治癒力の低下を自覚することになるが、それでも剥がれた爪が生えてこないとぼやいていた、同い年の弊社代表取締役よりはきっといくらかマシである。  何年か前にも書いたが、異なる事情を抱えた人たちがあらゆる非言語コミュニケーションの手段を駆使して自分の意図を全体になじませる「道路」という場所は、異文化コミュニケーションの最たる実践場所である(「路上の異文化コミュニケーション」)。しかも [→続きを読む]

 最近の高校生の社会に貢献したいという意識の高さには目を見張るものがある。普段接しているのが、AO入試で大学に挑もうとしている人だからということを割り引いても、若者たちがプライベートのかなりの時間を、社会を良くしようとボランティアやNPOの活動に費やしていることに驚かされる。その内容も「赤い羽根共同募金への参加」とか「地域のごみ拾い」のような私世代の人にとってはポピュラーなものだけでなく、発展途上国の支援、東日本大震災の復興支援、ホームレス支援、特養老人ホームでの活動、バリアフリーの普及、里山を [→続きを読む]

大阪都構想が一万票差、得票率にして0.8ポイント差で否決された。 個人的には橋下さんたちの大健闘だと思う。見えない大きな変化があるかもしれないことへの恐怖心や、自分たちの呼び方が変わることへの郷愁も味方して、もっと大差がつくと予想していた。ある意味無責任な部外者としては、新しい形ができる瞬間に立ち会えなかったのは残念ではある。が、大きな注目を集めた先の市長・知事のダブル選挙をも大幅に超える67%の投票率に表れているように、大阪市民の皆さんの多くが真剣に考えた結果である。この先の動きを楽しみにした [→続きを読む]

昨年池袋に「いきなりステーキ」が出来てから、「肉マイレージ」を貯めている。週に3回ラーメン二郎に通った学生時代に比べると随分ハイカロリー・ハイファットな食事を控えるようにはなっているが、月に1度くらいは体のことを気にせず、おなか一杯お肉が食べたくなる。 最近の飯屋は楽しい。立ち飲み・立ち食い形式で本格料理や酒が味わえる店、もはやジャンルが分からないラーメン屋の数々等、個人のニーズの隙間を埋めるような飯屋が山のようにできた。特にBook offの創業者が始めた「俺の株式会社」が運営するレストランは [→続きを読む]

「ヴィヴラ フランス!(フランス万歳!)」。 アルフォンス・ドーデの短編、「最後の授業」の有名な最終場面だ。時は普仏戦争に敗れ、ドイツに併合されることとなったアルザス地方。最後となるフランス語の授業で、アメル先生は母国語を大切にすることとアイデンティティを守ることの関係を説いた上で、冒頭の言葉を黒板に書いて授業を閉じる。 小説と同様、現実の世界でも最後の授業で、多くの先生は一番伝えたかったメッセージを生徒たちに投げかける。そして最後の授業で感じ取ったもので、それぞれの生徒にとっての一連の授業の印 [→続きを読む]

ご連絡が遅くなりましたが、お陰さまで私達洋々は、2/20(金)に渋谷本校を開校しました! 横浜・池袋・秋葉原の全ての機能を集約し、洋々のフルパワーでより多くの方によりよいサポートを行う体制を整えました。 場所は宮益坂上付近のハンバーガー屋さんのクアアイナの真上です。渋谷駅JR宮益坂口から徒歩6分、ヒカリエからなら徒歩4分です。今年AO受験を考えている高2生はもちろん、大学受験のことを意識し始めた高1生、高校生になったら少しずつでも受験に向けた準備をしようとしている中3生の皆さんも、お気軽にお越し [→続きを読む]

4月25日。今日が新入社員の初給料支給日の会社も多いのではないだろうか。 入社して飛ぶように1カ月が過ぎ、はじめて給与明細を貰った時の感激を私は今でも忘れない。 ほとんど何も価値を出せていないのにこんなに貰っていいのかという恐縮と、自分の価値をはじめて公式に認めてもらったような嬉しさ。これらが「ないまぜ」になったような感覚の中で、何百段、何千段か分からない「プロフェッショナル」への階段を1段だけのぼれたような気がしたものだ。 初任給の使い道は人それぞれ。飲み食いもよし、記念になるものを買ってもよ [→続きを読む]

1 / 712345...最後 »