AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々

早稲田大学社会科学部:全国自己推薦入試

AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々 > 大学別アプローチ > 早稲田大学 > 早稲田大学社会科学部:全国自己推薦入試

入学試験概要

方式 募集
人数
現浪
要件
評定
要件
その他要件 1次 2次
約50 1浪まで 4.0 欠席日数45日以内・
高校時代における一定の活動成績
書類 小論文・
面接

 

早稲田社学自己推薦入試スケジュール

出願:9月下旬~10月初旬

1次発表:11月初旬

2次選考:11月下旬

最終発表:12月初旬

入学:翌年4月

 

早稲田社学自己推薦入試の特徴

早稲田大学社会科学部 全国自己推薦入試では、一次選考で書類選考が、二次選考で小論文と面接が課されます。

受験資格は、全体の評定平均値が4.0以上であることの他、高校時代の活動や成果について、一定条件を満たす必要があります(詳しくは募集要項を参考)。

一次の書類選考では、800字以内の「志望理由書」をもとに、受験生の志望理由や自己PRポイントが審査されます。書類では、①あなたの最もアピールしたい活動についての詳細、②そこから学んだこと、③合格したら、社会科学部での4年間において、それをどのように活かしたいかについて、それぞれバランスよく記述することが求められます。

また、二次選考では、特定のテーマについての短い文章での課題が与えられ、原稿用紙800字程度での論述を要求する「小論文」と、「面接」が課されます。

以上のように、早稲田大学社会科学部全国自己推薦入試の選考科目は、非常にシンプルかつオーソドックスな書類選考と、小論文、そして面接で構成されています。

 

洋々の『早稲田社学自己推薦入試対策プラン』