AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々

4:客観性


豊富な経験に裏打ちされた、客観的なモノサシ

 「この志望理由書で受かるのだろうか」「自分は合格水準にいるのだろうか」AO入試・推薦入試を志す受験生の皆様が、一様に口にするのが「自分の位置が分からない」と言う悩みです。大学は、評価観点や配点を公表しません。また、一般入試と違って、過去問や面接で何を聞かれるのか、ということも発表されないことがほとんどです。洋々は、多数の受験生のサポート実績に基き、「大学が何を見ているのか」「合格水準に達しているのか」というモノサシを当てながら、受験生を合格まで導きます

洋々AO入試対策

洋々の7つのキーワードの詳細はこちら

1:マンツーマン
2:プロフェッショナル
3:メンター
→4:客観性
5:効率良いカリキュラム
6:トータルサポート
7:実績