AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々

準備はどのように進めるべきか


AO・入試は、大学や学部によって出願要件、選考課題が異なり、また時期も千差万別であることに加え、そもそも個人個人の適性にあったやり方で準備を進めていくべきものである為、準備の方法についても「唯一の最適解」というものはありません。しかし、成功可能性を高めるための方策はいくつかあります。

ここではそのうち重要なものを3つご紹介します。

 

ポイント(1):早めの着手

AO入試・推薦入試での出願を考えている方であっても、一般入試との両にらみで大学受験を進めることになるケースがほとんどです。となると、カギはいかに一般入試との両立できるか、ということになります。

もちろん、いつ始めても遅すぎることはありません。が、早めに準備すればするほど、一般入試との両立を容易となります。

準備はどのように進めるべきか

 

ポイント(2):徹底的な内省

AO入試・推薦入試では、「自分とは何か」ということを徹底的に考え自分の「世界観」を作ることを求められます( =内省)。

この際、ご両親・学校の先生・友人…本人の周りにいる人の力を借りる場面も出てきますが、自分自身が徹底的に考え抜いて、「自分の世界観」の輪郭を明確にしていくことが何よりも大切です。

準備はどのように進めるべきか

 

ポイント(3):第三者による客観的なフィードバック

「弱みは10でも20でも書きだせるが、強みやセールスポイントは1つ書くのがやっと…」

洋々にやってくる方からこんな声をよく聞きます。AO入試・推薦入試において発信する「自らの世界観」を作り上げる際には、自分を客観的に見つめる必要があります。しかし、自分を客観的に見る、というのは非常に難しい作業でもあります。

自分では強みとはいえないと思っていることでも、第三者から見れば十分に魅力的に見えることはよくあります。自分で徹底的に内省し、それに対する客観的なフィードバックをもらう。これを、徹底的に繰り返すことによって自分では気づいていなかった「自分の世界観」の輪郭を、より明確にすることができるのです。

準備はどのように進めるべきか