AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々

高1・高2から考える「一般入試との両立法」


  高2のうちから、一般入試を視野に入れて塾に行き始める人も多いと思います。しかし、指定校推薦を早くから狙っている一部の人は別として、高2の段階からAO入試・推薦入試を視野に入れている人はそれほど多くありません。その意味で、AO入試・推薦入試の準備を早期に始めることは非常に有利となります。

 しかし、だからと言って自由な時間を大学受験だけを目的にして過ごすのは、大変もったいないことです。大切なのは将来のことを折にふれて考える時間を持ち、それを踏まえて(勉強も含めて)日々の生活を思い切り楽しむこと、と「高校2年をどのように過ごすべきか」でも述べました。実はこのこと自体が、AO入試・推薦入試の準備となるのです。

 AO入試・推薦入試は、将来自分をどのように社会の中に活かしていこうと考えているか、というその人の「世界観」を確かめられる入試です。だから、高2のうちに自分を見つめる作業を繰り返しておくことによって、一般科目の勉強が本格化する前に「自分とは何か」ということを明確にすることができます。

 自由な時間がたくさんある高2は、AO入試・推薦入試の準備をはじめるベストの時期です。高2からの準備が、結果として大学受験を非常に有利に進めることができるのです。