上智大学 総合人間科学部社会福祉学科 公募推薦入試


上智総合人間科学部社会福祉学科の公募推薦入試の2017年度の志願者数は15名の募集人員に対して19名でした。ここ数年だいたいこのくらいの水準の倍率になっています。総合人間科学部社会福祉学科公募推薦の2016年度までの倍率の推移を以下に示します。

上智公募推薦 総合人間科学部社会福祉学科 倍率の推移
上智大学公表データを基に洋々作成
上智公募推薦 総合人間科学部社会福祉学科 倍率の推移

2017年度公募推薦入試における総合人間科学部社会福祉学科の出願資格は以下のように規定されていました。

上智公募推薦 総合人間科学部社会福祉学科 出願資格

・評定平均4.0以上
・英検2級以上
または、TOEIC 550点、TOEFL iBT42点、国連英検C級、IELTS 4.0、TEAP220(4技能 各50)

出願書類については以下が求められていました。

上智公募推薦 総合人間科学部社会福祉学科 出願書類

– 自己推薦書
全学部共通:600字程度(A4・1枚 26行)
– レポート等特定課題(2017年度)
・わが国において社会福祉がますます重要になっています。その理由についてまとめ、あなたの考えを述べなさい(800字程度)。ただし、高校の福祉に関する学科において20単位を履修した(見込)志願者は、「大学でさらに学びたい社会福祉の課題」について述べなさい(1200字程度)。
・A4レポート用紙・横書
・ワープロ原稿可

個別テストは以下のような形でした。

上智公募推薦 総合人間科学部社会福祉学科 個別テスト

社会および社会福祉に関する理解力と思考力を問う試験(90分)
・課題文あるいは図表グラフからの読み取り
・自分の意見(400字のときもあれば字数制限なしの場合も)

さらに面接が実施されます。

上智公募推薦 総合人間科学部社会福祉学科 面接

・面接官5名
・10分~15分程度
・上智を志望する理由、総合人間学部社会福祉学科を志望する理由、今まで社会福祉に関してやってきたこと、等