上智大学帰国生入試 2018年度 変更点


上智大学の2018年度海外就学経験者(帰国生)入学試験の日程および試験の概要が公開されています。

日程

出願期間(Web):2017年7月21日(金)~8月21日(月)
出願書類の提出期限:2017年8月22日(火) 消印有効
試験・面接:2017年9月17日(日)
合格発表:2017年10月4日(水)

2017年度からの変更点

以下の変更があります。

◇出願資格・要件
外国語検定試験の出願基準に若干の変更があります。

– TEAP
TEAP CBTの条件が加わりました。

– TOEIC
TOEICの点数がTOEIC/TOEIC SWに変わりました。
またLRで780点の条件を課していた学科の条件が785点に変わりました。

– 学部学科毎の基準
外国語学部フランス語学科および外国語学部イスパニア語学科の基準が上がりました。
英検 2級A→準1級、TOEFL iBT 55→72、IELTS 4.5→5.5、等

◇学科試問
以下のような変更があります。

– 文学部ドイツ文学科
2018年度:小論文(与えられた日本語テキストをふまえて、自らの考えを論理的に展開・表現できるかをはかる)(90分)
2017年度:小論文(90分)

– 文学部フランス文学科
2018年度:外国語ディクテーション(英語またはフランス語)(30分)、英文または仏文和訳とその内容に関する日本語による小論文(90分)
2017年度:設問を含む外国語ディクテーション(英語またはフランス語)(60分)、英文または仏文和訳(45分)

詳しくは上智大学公式ページをご確認ください。

海外就学経験者(帰国生)入学試験
http://www.sophia.ac.jp/jpn/admissions/gakubu_ad/2018kikoku