巡り合わせ


最近、自分が主体的に取り組んでいるプロジェクトと同時並行的に、様々な形(長期・短期インターンなどの機会)で企業にアプローチをしていく中で、自分の取っている行動に限りなく近い路線を行っていて、かつ、共鳴し合える企業と出会うことができている。自分の中で育てた意見が外部に行動や言葉として現れていく中で、それがまた自分の行動範囲に影響を与えながらある一定の方向に導かれて、新しい人や出来事に巡り合っているような感覚が不思議だなと思う。

音に関わるコミュニケーションをテクノロジーで拡張していこうとする流れが、自分の思っている以上に期待されているのはまた驚きで、自分が実現していきたいものを追求するための行動がそういう雰囲気とか流れにマッチしている気がする。そういうわけで、ますます「これは本当に今自分がやるべき・やりたいことだ」という思いを強くしている今日この頃。

大学の早い段階で、特に技術関係に関することを勉強すればよかったという後悔が少しあるけど、今更後悔しても仕方がないので、これからできる限りのことを精一杯やって、今とるべき必要な行動をとっていきたいなと思う。そしてまた偶然に導かれて新たな方向性が見えてくることを、漠然と期待している。