2016


2016年もあと2時間で終わります。ということで、今年の振り返りをして年内最後のブログとさせていただきます。

今年は、私にとって大きな1年でした。というのも、12年間いた学園を卒業し、慶應という新しい環境に飛び込んだからです。小学校から高校までほとんど同じメンバーと過ごしてきた私にとって、大学の入学式はとても新鮮でしたが、同時にとても不安で恐怖さえ感じたのを覚えています。大学生活が始まると、今まで普通だと思っていたことが、世間一般では通用しないことが多く、私が今までどれほど井の中の蛙であったかを痛感しました。幸いなことに、同じ自己推薦で合格した人々の集まりで意気投合した友人たちと仲良くなることができたため、4月から大学生活を楽しむことができましたが、規則等が厳しかった高校と何事も自由で自分の判断が重要視される大学の違いに戸惑って、苦しむこともありました。また、小中高の友人は、自分と似ている部分が多く価値観もあっていましたが、大学で出会う友人の中には、良い意味でも悪い意味でも、その価値観が通用しない人が多くいることを実感しました。以上のように、多くのことを感じ、多くのことに戸惑い、迷い、苦しんだ年ではありましたが、それよりも多くの喜びや楽しさを感じた1年でした。本当に多くの素晴らしい友人や先輩に恵まれたからです。その一言に尽きます。三田実やテニスサークルの友人は、関わる機会が多く、その分仲良くなることができました。自分と異なった価値観を持った人と関わると自分の世界が広がっていくようで、自分と似たような価値観を持った人と関わると安心できます。また、新しい経験をさせていただいた1年でした。

2016年の、多くの新しい出会い、新しい経験に感謝の気持ちでいっぱいです。2017年は今年以上に、多くの人に出会って、多くのことに挑戦してみたいです!!それでは、良いお年を。