洋々の大学院入試対策

法科大学院入試向けサポート

洋々 > 洋々の大学院入試対策 > 法科大学院入試向けサポート

どんな法曹になりたいのか?

法科大学院入試の試験科目として代表的なのが、「適性検査」、「出願書類(志望理由書・ステートメント)」と、「小論文」、そして「面接」です。

そのなかで私たちが注目しているのは、「志望理由書(ステートメント)」、「小論文」、「面接」です。

「志望理由書」では、あなたの法曹への動機、法科大学院の志望動機について、自らの「過去」「現在」「未来」と絡めて説得的に記述する必要があり、これを「面接」で表現しきる必要があります。

「小論文」では、論理的な読解力・理解力と、自身の意見を論理的に表現するチカラが求められています。

洋々では、この「志望理由書(ステートメント)」、「小論文」、「面接」対策を効率良く行うために、すべてマンツーマンの個別指導形式でサポートを行っております。

「志望理由書」と「面接」は、人材採用・開発のプロフェッショナルが担当、「小論文」は法科大学院合格経験者のマスターが担当いたします。

→洋々のプロフェッショナル紹介