第344回:ヒカリノアトリエ①


久しぶりにCDを買った。Mr.Childrenのニューシングル“ヒカリノアトリエ”だ。ニューシングルといっても、もう一か月前に発売されていたもの。なかなか機会がなくてこの時期の購入となった。思えば最近「CDを買う」なんて滅多にない。だいだいapple storeでデータを買うか、TSUTAYAみたいな所で借りる。そういう時代だ。その方が効率的だし、安いし、環境にも良い。でも一人あるいは一組くらい、ちゃんとCDを買って聞くお気に入りのアーティストがいても良い。久しぶりのアナログ感が少し心地よい。(CDをアナログというのも微妙だが)

内容はNHK朝ドラ“べっぴんさん”のオープニング曲にもなっている「ヒカリノアトリエ」を含む全6曲の構成。とはいえ、トラック1の“ヒカリノアトリエ”以外はMr.Childrenの昔の歌のアレンジVer.である。昔も昔、結構な昔だ。僕が中学生の時、先輩の勧めで聞き始めた頃には既に出揃っていて、それこそ耳にタコが出来るほど繰り返し聞いたヤツらだ。そんなもんだから、買ってすぐに帰りの車で聞いていると、中学時代の色んなことが思い出された。学校でのこと、道場でのこと、柔道で苦しかったことや、数少ない恋愛のこと・・・。

そんな風に感傷に耽っていると、不意にトラック7が再生され始めた。最初はバグかと思った。CDジャケットにはトラック6までしか書かれていないからだ。「?」をいっぱい浮かべながらもそのまま運転しながら聞いていると、弾き語りVer.の“Over”が始まった。しかも歌の間に桜井さん本人がこの曲についての解説をしてくれている音声付きだ。後に調べて分かったことだが、これが俗にいう隠しトラックというものらしい。粋だ。

皆さんはこの“Over”という楽曲を御存じだろうか?1994年に発売されたアルバム“Atomic Heart”に収録されている。聞いたことのない方は、ここから先は一度曲を聞いてから読んで欲しい。そうすればきっと共感してもらえるはずだ。