第3回:「あなたもAPOLLOを見てみませんか」2

未分類

前回の続き、私が所属するアカペラサークルK.O.Eのコンサート準備について書きます!来る7月21日(土)のサマーコンサートAPOLLOを作るために、サークルの全員が1つ以上班に所属します。ざっと挙げてみると、映像班、照明班、受付班、空D班、AC班(広報)、PA班(音響)、MD班(パンフ)、渉外班、SC班(音楽)、記録班と、もうなんだかわからなくなってきましたね(笑)。そんなあなたに、私の所属している空D班について説明します。
まず空D班とは、空間デザイン班の略で、いわゆる仕事は舞台の大道具です。舞台や、垂れ幕、オブジェクトを作るのが主なお仕事。その中でも私が深く関わっているのが、オブジェクト制作!オブジェクトオブジェクトって何よ!ていう方、この写真の右側に映っている立方体が積み重なっているあれです。

これは、90センチ幅の棒を繋げて形を作り、その上から壁紙を貼って作られているのですが、簡単に見えて、この作業は1日掛りで行われています。適当に組み立ててしまうと、プロジェクションマッピングと合わなくなってしまうため、非常に重要な作業なのです。それでも、映像を映したときの感動は言葉では表しきれないほど、胸に込み上げるものがあって、私は人と協力し合って何かを作り上げる作業が好きなんだということを改めて実感しました。
ちなみにプロジェクションマッピングを作っているのは環境情報学部1年クリエイティブ・ディレクター志望のK.Tくん。K.O.Eにはクリエイティブな人たちがたくさんいて、毎日が刺激に満ちあふれています。今後彼の特集も組む予定なので、ぜひ映像やデザインに興味のある方はお楽しみに!
<告知>7月21日の17時から、SFCのθ館でサマーコンサート「APOLLO」を行います。2度のオーディションを通過した、17バンド、曲調豊かな計18曲に加え、K.O.Eで代々受け継がれる100名以上による全体合唱をお送りします。詳しくはこちら→http://koe.sfc.keio.ac.jp/12sum/

更新:2012-07-20 慶應義塾大学 総合政策学部 芳金 智子