第11回:研究会

未分類

大学生もそろそろ夏休みが終わる頃ですね、私はあと2日です…はやい…。9月は現実逃避の日々で、京都、四国、タイと旅行三昧でした。しかし遊んでばかりだったわけでは、ありませんよ?
SFCといえば、1年生から研究会に入れることで知られていますが、私も選抜で合格をいただき秋学期から諏訪研究会に所属することが決まりました。諏訪研究会とは、主に暗黙知について研究している研究会です。研究HP はこちらhttp://metacog.jp/
私が諏訪研究会を志望した理由は、ずばり「魅せる」についての研究がしたいと思ったからです。小さい頃からピアノや歌唱をやっていて、人前で発表するときに、何か自分の奥底からわき上がってくる快感みたいなものを感じることがよくあって、それが自分を「魅せる」ということなんじゃないかなと思ったんですね。この研究会ではそうした言葉に表せないものを少しずつ言語化して紐解いていくことによって、それをより具体化して理解を深めるということをやっているのですが、「魅せる」ということについてそうした分析をすることで、自分の中で「魅せる」とはどういうことなのかを理解し、またそれを表現の場で生かすことによって、とり深い感動を見ている人に与えられるのではないかと思ったんです。また、私はアカペラサークルに所属しているので、その「魅せる」について言語化することで、他のメンバーとも共有できるようになり、より素晴らしいコンサートを作ることができるようになると考えていて、サークル活動を生かした研究ができることにとってもわくわくしてます!
自分のやりたいことができる環境があるSFCて本当にすごいなと最近つくづく思いますね。。。大学は入ってみなければどんな大学かわからないけれど、もし失敗したらやり直せばいいし、そういう人は私を含め、周りにもたくさんいます。自分と向き合って自分んが何をやりたいのかということにまっすぐに向き合える、そんな人生をおくれたらなあと思いますね。
また研究で発見したことをここでも発表したいと思うのでお楽しみに♪

更新:2012-09-23 慶應義塾大学 総合政策学部 芳金 智子