第17回:2013!

未分類

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。2012はどんな年でしたか?私はたくさんやり残したことがありますが、除夜の鐘をついてきれいさっぱりお祓いしてきました!
 私の家では、毎年お寺に行き除夜の鐘をつくのが恒例行事となっているのですが、除夜の鐘とは何かご存知ですか?除夜の鐘とは、大晦日(12月31日)の深夜0時をはさんでつく鐘のことを言います。丁度日付けが変わり新しい年になる時を、鐘をつきながら迎えるのが正式らしいのですが、私の行きつけのお寺は、だいたい0時前につき終わります(笑。人には百八つの煩悩があると言われ、その煩悩を祓うために、除夜の鐘をつく回数は108回とされています。煩悩とは、人の心を惑わせたり、悩ませ苦しめたりする心のはたらきのことを言い、仏教の考え方からきているそうです。
 今年は去年よりもいい年になりますように!と願いを込めて大きく鳴らすと、なぜか気持ちがすっきりして気持ちがいいんですよね。年の越し方は家庭によって様々だと思いますが、除夜の鐘の108回の内の1回を自分が鳴らせるなんて素敵だと思いませんか?もっと多くの人の習慣になればいいなと思います。
 2013年が皆様にとって幸せな1年になりますように。

更新:2013-01-02 慶應義塾大学 総合政策学部 芳金 智子