第20回:見つめる!

未分類

 最近、留学のための志望動機書に追われる日々を送っているのですが、志望動機書を書いていると、AO入試の時のことがよみがえってきます。志望動機書を書くにあたって、今の自分、過去の自分を見つめ直して、今後自分がどうなりたいのかということを考えることになるのですが、これがまた簡単ではないんですよね。会話の中でだいたいこんな感じー!と伝えることはできても、文章にすると詰めの甘さが目立ってしまう。今回の場合は、それを英語で書くので、英語が苦手な私には非常に重たい課題です…。
 私は、イギリスへの留学を考えているのですが、動機といえば、ただ英語が話せるようになりたい!というもので、特別これが学びたいんだというものはありません。しかし、英語しゃべりいっというだけでは、もちろん大学は入学を許可してくれませんので、何か理由づけをしなくてはいけないのですが、思ってないことを書くと言うのは本当に難しい。悩んで悩んだ結果、10年続けているフラワーアレンジメントとイギリスの文化を結びつけて、文化を学びたいと書くことにしました。しかし不思議なもので、何となく結びつけたものを説明するためにアレコレ考えていると、自然と興味が湧いてくるんですね。いつの間にか将来の夢も漠然と定まってきて、前よりもっとイギリスに行きたいと思うようになりました。
 自分を見つめ直すとは、答えがないことだし、苦しいことだから、避けてしまいがちだけれど、やってみるとモチベーションがあがったり、人生が楽しくなると思います。このような機会に感謝感謝です。

更新:2013-02-05 慶應義塾大学 総合政策学部 芳金 智子