ベストな形の摸索


洋々では4月初めの緊急事態宣言の発令を受けて4月9日から完全テレワーク態勢で受講生のサポートおよびそれに纏わる業務を行っている。今月の初めに緊急事態宣言の延長の可能性が濃厚になった時点で、今月末までテレワーク態勢を継続することを決めた。今月14日には39都道府県で緊急事態宣言が解除され、また、東京においても新たな感染者数が一時期に比べるとだいぶ落ち着いた数字になっている現状を見ると、徐々に新たなフェイズに入りつつあるような印象を受ける。ただ、仮に一時的に収まったように見えることがあっても常に第二波のリスクがあり決して安心はできない。そういう意味で緊急事態宣言が全国で解除されたとしてもすぐに以前の形に戻ることは考えにくい。

以前からオンラインでのサポートを実施しているので、遠隔でも質を落とさずに受講生のサポートをするための知見は蓄積してきたつもりだが、今回特に大きな問題もなくテレワーク態勢で受講生のサポートができているのはやはり技術の進歩に負うところが大きい。オンライン会議用のソフトウェア自体は10年以上前からあったが今では質が高くなったばかりでなく、価格水準が大幅に下がり、洋々のように小規模なところでもリーズナブルな価格で利用できるようになった。このご時世で飛躍的に知名度の上がったZoomだけでなく、マイクロソフト、グーグル、フェイスブックでもオンライン会議用のアプリを提供していて消費者からすればよりどりみどりだ。スマートフォンやタブレットの普及によって、何らかの形でマイクやカメラのついた端末を持っている人が飛躍的に増えたことも大きい。

4月から完全テレワーク態勢になって1ヶ月半経ち、各種ツールを活用しながら受講生のサポートやそれに纏わる業務が滞りなくできている現状を考えると、元の形に戻る選択肢を与えられたとしてどちらの方が受講生や講師、それから従業員にとってベストな形なのか改めて検討する必要がある。オンライン授業やテレワークには個人の自由な時間が長くなるなどメリットも少なくないからだ。これまで東京近辺の受講生しか集まれなかった集団でのイベントに首都圏外の受講生も参加できるというようなメリットもあった。どちらの方向に進んでも受講生に質の高いサポートを提供し続けるつもりだが、折角の機会なのでコロナウィルスが流行する前よりさらにいい形に進化させたい。


洋々ではプロフェッショナルによる無料の個別相談を承っております。

個別相談申込ページからご予約いただくか、

電話またはメールにてご連絡ください。

電話:03-6433-5130(平日1400-2100、土1000-1900。水日祝休み。)

Eメール:you2_info@you2.jp

お気軽にご相談ください。

洋々代表。日本アイ・ビー・エム株式会社にて、海外のエンジニアに対する技術支援を行う。その後、eラーニングを中心とした教材開発に、コンテンツ・システムの両面から携わる。 東京大学工学部電子情報工学科卒。ロンドンビジネススクール経営学修士(MBA)。