完全テレワーク態勢


緊急事態宣言から2週間半が経ち、当初の予定の5/6で終えるべきか、延長すべきかの議論が盛んになってきた。洋々では緊急事態宣言発令の翌日から完全テレワーク態勢で受験生のサポートを続けている。それまでも海外や首都圏外の受講生を中心に一定の割合でSkypeのサポートを行っていたこともあり、そこまで心配はしていなかったが、今のところ特に問題なく順調に受講生のサポートが進んでいるようでひとまずほっとしている。これはたまたまなのだが小論文の課題の回答を写真で送るシステムを開発して今年の3月から運用を始めたのもよかった。それまでは受講生にFAXで回答を送ってもらってそれを事務局経由で講師に手渡すという形だったのが、受講生がスマホで回答を写真に撮ってそのまま講師に直接送付するという形になり、オンラインですべて完結するようになった。

ワールドカフェ、バトルロイヤルという通常であれば受講生が渋谷本校に集まって行うイベントも先週初めてオンラインで実施した。ワールドカフェでは「女性の社会進出」をテーマに受講生同士で議論してもらった。Zoomを使って、背景知識の共有から、グループに分かれての議論、最後にグループ毎の発表といつも通りの形で進めることができた。バトルロイヤルについてもいつもと同じように順番に自分の志望理由について発表してもらって、それに対して他の受講生から意見や質問を投げかけてもらうという形で実施することができた。もしかしたらオンラインの方が発言しやすいという受講生もいたかもしれない。ワールドカフェは普段お菓子や飲み物付きでリラックスした雰囲気で実施しており、なかなかオンラインでそこまでの環境を作るのは難しいのだが、受講生の発表を聞いていて少なくとも議論自体はいい感じでできているという印象を抱いた。

今後洋々での受講を考えているという方に対する個別相談もすべてSkype、Zoom、または、電話で行っているが、こちらも特に問題なく実施できている。入塾した場合、当面はすべての個別指導がSkypeかZoomで行われることになるので入塾の前に一度はオンラインで洋々のメンバーと話すということをしていただいた方がむしろサポートのイメージを正しく持っていただけるのではと思う。さらに、本日、初めてオンラインでの説明会も実施した。聞いている方の反応が分かりにくいのでスピーカーが話しにくい部分はあるものの、私も実際に視聴してみて、説明の理解のしやすさは会場で行われる場合と比べて遜色ないように感じた。

今となっては渋谷本校で毎日受講生や講師と顔を合わせて他愛もないことを一言二言交わしていたことが懐かしいし、早くこの騒動が収まってウィルスのことを気にしなくていい生活に戻れたらどんなによいかと思う。一方で、この新しい環境にも少しずつ慣れつつあってこれはこれでやりようはあるし新しい発見もあるし成長の余地もたくさんあるようにも思う。2021年度入試のAO推薦入試の概要も相次いで発表されつつあり、ウィルスの感染が収束してもしなくても、緊急事態宣言が解除されても延長されてもやるべきことはやらなければいけない。2週間と少しの間、新しい環境で試行錯誤してきた中でどちらの方向に進むにしてもやり切る自信が生まれ覚悟ができたように思う。


洋々ではプロフェッショナルによる無料の個別相談を承っております。

個別相談申込ページからご予約いただくか、

電話またはメールにてご連絡ください。

電話:03-6433-5130(平日1400-2100、土1000-1900。水日祝休み。)

Eメール:you2_info@you2.jp

お気軽にご相談ください。

洋々代表。日本アイ・ビー・エム株式会社にて、海外のエンジニアに対する技術支援を行う。その後、eラーニングを中心とした教材開発に、コンテンツ・システムの両面から携わる。 東京大学工学部電子情報工学科卒。ロンドンビジネススクール経営学修士(MBA)。