おいしい文字を作る


気づいたら10月最終日でした。10月、はやすぎます。

10月は、授業を受け、課題をし、研究会の活動をし、絵画教室に行き、と、日々のやることをちまちまと片付けているうちに時間が過ぎて行きました。

さて、私は毎学期1つくらい、「泣きそうなくらい楽しい!」という授業に出会います。今期も出会っています。

「情報デザイン基礎」という授業です。簡単に説明すると、グラフィックデザインの授業です。中でもタイポグラフィ(文字を使ったグラフィックデザイン)に重点をおいています。

先日は、「おいしい文字を作ってきてください」という課題がでました。自分で一つ味のテーマを決めて、その味を文字で(言葉も自分で考えて)表現します。紙に印刷して、筒状にして提出です。ちなみに、使っていい色は白黒グレー+1色まで。
私はもう、この課題が楽しくて楽しくて、夢中になってやりました。私が決めたテーマは、サイダーのしゅわしゅわで爽やかな甘い味です。楽しすぎて、夜中まで筒を作りまくりました。

IMG_5584

どっさり。

最終的にこれを提出しました。

IMG_5473
割と気に入っていますが、もっとなんとかできるんじゃないかなあとも思っています。時間のあるときにまた考え直したいです。

授業中にはこの課題に関連して、(選挙前の授業だったこともあり)政党のロゴの文字がずらっと並べたスライドを見せられて、「どの文字が一番おいしそう?」「どれがどんな味だと思う?」などと質問をされた回もありました。(ちなみに私は公明党がおいしそうだと思いました。多分黄色くて甘いスポンジケーキっぽい味だと思います)

グラフィックデザインは、周りに得意な先輩がたくさんいらっしゃるのでちょっと劣等感を抱えているのですが、すごく楽しくて、延々やっていられるなあといつも感じます。今後も楽しい課題が続くようなので、劣等感はひとまず置いておいて、全力で楽しみます。