先週、ORFが無事終わりました! ミッドタウンという素敵な会場で研究成果を展示できて幸せでした。自分が作ったものが、こんなに多くの人の目に触れる機会は初めてでした。 来場した方には当然、自分たちが何を研究して何を作ったのか、説明しなくてはなりません。自分の作品について説明するのは、思っていたより難しかったです。何を研究し、何を作ったのか、どんな意味が込められているのか、この作品を制作して何がわかったのか…よく考えて言語化することで、自分が作ったもの、やっている研究への理解が深まりました。初対面の [→続きを読む]

11/18~11/19、六本木の東京ミッドタウンにてORFが開催されます。ORFというのは、簡単に言えばSFCの研究成果展示会です。各研究会が、普段どんな研究をしているかを伝える展示をします。 私も今年から研究会に入ったので、初めて展示に参加します。現在展示の準備をしており、研究会はバタバタしています。普段はただ地道に続けているだけの研究でも、展示品として綺麗にポスターにレイアウトしたりプロダクトを作ったりすると、それだけで達成感があります。 SFCへの進学を考えている高校生は、ORFを見に来る [→続きを読む]

昨日は久しぶりに畑に行きました。前回の記事に書いた通り最近勉強がなかなか忙しいのですが、ちょっと息抜きに畑に行って、友達とおしゃべりしながら土いじりをするとリフレッシュできます。 今は、冬野菜の収穫の時期です。昨日はキャベツとリーフレタスを収穫しました。 他のサークルの人から「畑の野菜はやっぱり買った野菜よりおいしいの?」という質問をよく受けます。ずばり、断然おいしいです! おそらくこの味の違いの一番の要因は、「採れたてだから」だと思います。その日に収穫した新鮮な野菜は、味が濃くてしゃきしゃきで [→続きを読む]

最近、とっても忙しいです。走り回っています。研究会のプロジェクト関連の作業、授業の課題、サークルの事務手続き…やることが山積みです! でも考えてみれば、高校時代はもっと大変でした。タスクも多かったし、なにより高校では勉強する内容がカリキュラムで決められていたので、苦手な科目もしっかり勉強しなくてはなりませんでした。必要なことだとわかってはいても、苦手科目の勉強は辛いですよね。ちなみに私は地理や歴史のような社会科の科目が苦手で、地名や歴史上の出来事を覚えるのがとても辛かったです。 大学では、自分が [→続きを読む]

秋学期の授業が始まって一ヶ月が経ち、研究会も授業も、活動が本格化してきました。 今期とっている授業の中で、私が特に重心を置いているのは「デザイン言語実践」という授業です。簡単に言うと、自分で手を動かして作品を作りながら、デザインの基礎を学びましょう、という授業です。 この授業では、3人の先生が順番に課題を出します。そしてそれぞれの課題に応える作品を、3〜4人のグループで3週間ほどかけて制作します。(ちなみにこのようにグループで課題に取り組む授業はSFCに多く、「グルワ(グループワークの略)」と呼 [→続きを読む]

このあいだの土日は秋祭でした! 秋祭はSFCの学園祭です。 私の所属する農業サークル八百藤では、畑で採れたさつまいもと買ってきた野菜を使って、野菜チップスを作って販売しました。自家栽培の野菜だけで作れたらよかったのですが、今年はさつまいもくらいしかうまいこと育ってくれなかったのでやむをえず。相変わらず日々自然と戦っています。 さて、今年の秋祭はちょっと小物に凝りたいなあと思い、消しゴムはんこを作ってみました! 野菜チップスを入れる紙コップにはんこをおしたらかわいいかなあ、と! うん、思った通りで [→続きを読む]

先日、『x‐DESIGN―未来をプロトタイピングするために』という本を読みました。この本では、SFCのデザイン系の先生方が、それぞれ自分の経歴や研究内容を紹介しています。 SFCでデザインについて学びたいなあ、と考えている受験生は多いのではないでしょうか。なんとなく面白そうだからやってみたいけど、具体的に何を作りたいとか、何を解決したいとか、そういうのはよくわかんない、という人もいると思います。そんな人はまず、この本を読んでみてはいかがでしょうか。 「デザイン」と一口に言っても、いろんな分野があ [→続きを読む]

秋学期が始まりました。さて、今日は授業の話ではなく、SFCのキャンパスの話をしようと思います。 先日用事があって、日吉キャンパスに行きました。そこで、「駅から大学がめちゃくちゃ近い」ということに衝撃を受けました。駅の改札を抜けると、もうキャンパスが見えるのです。信じられません。しかも、キャンパスの近くにはお店がたくさんあります。おいしそうなレストランも、ファストフード店も、すてきな雑貨屋さんもありました。日吉にはそれまでも何度か行ったことがありましたが、学期始めで改めてSFCの遠さを感じている時 [→続きを読む]

夏休みが終わりに近づいています。SFC生にとって夏休みの終わりとは、すなわち「履修選抜の季節」です。 SFCには履修選抜というものがあります。授業の履修希望者が定員を超えてしまった場合に、学生の選抜が行われるのです。選抜を通らないと、その授業を履修できません。中には定員がなく、履修を希望する学生全員を受け入れる授業もありますが、ほとんどの授業では定員が決まっていて、選抜があります。人気のある授業だと、倍率が10倍近くなることもあります。 課題が出て、その課題の出来で選抜される授業と、抽選で選抜さ [→続きを読む]

先日、研究会のプロジェクトの一環で、徳島県の神山町という町に6日間滞在しました。神山町に住む人のくらしと、その人が住んでいる環境(主にお庭)の関係を探る、というプロジェクトです。民家のお庭を見せてもらって、お話を聞いたりお庭の図面を描いたりしました。 神山町はいろいろな企業や大学のプロジェクトの対象となっていて、サテライトオフィスも多い、おもしろい町です。最近は都心から移住してくる人も多いみたいです。山に囲まれた自然いっぱいの町で景色も良く、食べ物も美味しく、住民の皆さんも優しくて、充実した時間 [→続きを読む]

3 / 41234