洋々の就職活動サポート

ディスカッションを通じて志望動機を掘り下げ、静岡県庁に見事内定!S.Y.さん

洋々 > 洋々の就職活動サポート > 内定者の声 > ディスカッションを通じて志望動機を掘り下げ、静岡県庁に見事内定!S.Y.さん

ディスカッションを通じて志望動機を掘り下げ、静岡県庁に見事内定!

「以前の自分では思いつかなかったようなエントリーシートを完成させることができました。」


S.Y.さん

日本大学 法学部

静岡県庁 内定

内定はどのように知りましたか?

公務員なので、インターネット上で発表される形で知りました。最終合格とわかった時は最高にうれしかったです。

静岡県庁を目指したきっかけを教えてください。

もともと地方創生に興味があり、公務員を目指してきました。大学でも法学部公共政策学科を選択しました。公務員と言っても国、県、市などがあり、当初はどれを目指すのかで迷っていましたが、説明会に行ったり、大学で講義を受けたりする中で、視点の違いを知り、自分には県庁が合っていると考えるに至りました。

どのように準備を進めてきましたか?

筆記試験の合格者は発表日から1週間後にエントリーシートを提出しなければならなかったため、発表前からエントリーシートの内容については考えていました。まずは自分で書き、洋々で添削してもらうということを5、6回ぐらいは行いました。志望動機と将来取り組みたい事という質問があり、その棲み分けが意外に難しかったのですが、そういった細かい点についても丁寧にご指導いただいたおかげで無事に書き上げることができました。

エントリーシートをもとにした面接練習も洋々で行いました。洋々以外にも友人や大学の就職指導課の方にも面接練習を行って頂いたのですが、洋々での質問内容が最も鋭かったです。洋々では想定外の質問が多く、練習とはいえ答えるのが一苦労でした。実践に一番近かったと思います。

本番はいかがでしたか?

圧迫気味の面接で、少し説教されているような感覚もありました。ただ、最後には少し笑顔もあり、演技だったのかなとも思いました。こうした状況もあり、終わった時には正直手ごたえは感じませんでした。

公務員試験向けの予備校もあると思いますが、なぜ洋々を選んだのですか?

多くの人が専門予備校に通うと思いますが、それだと志望動機で差別化できないと思い、あえて洋々で準備をしていくことにしました。洋々では志望動機を何かの型にはめるようなことなく、ディスカッションを通じて掘り下げていくスタイルで、自分の持ち味を引き出してくれたり、自分の知らない知識を教えていただいたりしました。その結果、以前の自分では思いつかなかったようなエントリーシートを完成させることができました。

今後挑戦する方へのアドバイスをお願いします。

公務員試験は筆記科目が多いため、100点を目指すのではなく、広く浅く合格点をとっていくのがいいと思います。準備期間も長いので、自分で息抜きをしながら続けていくことが大切です。

面接は気取らずそのままを出すことが大事だと思います。また、答えを暗記するのではなく、その場で自分の中で考えをまとめて話す方が、印象がいいと思います。国家公務員を除くと、公務員試験では県庁や市役所では面接の重要性が高いと思います。

ありがとうございました。S.Y.さんのこれからのご活躍を、洋々一同、心からお祈りしています!