筑波大学医学群看護学類:推薦入試


入学試験概要

筑波大学医学群看護学類の推薦入試の主な出願資格として、調査書の学習成績概評がA段階(評定平均4.3以上)であること、出身高等学校校長の推薦があること、合格した場合には本学に入学することを確約できる者である必要があります。

推薦入試の選考は、(1)志望理由書(志望の動機)、(2)小論文(日本語:90分・英語:90分)、(3)面接を基に総合的に判断されます。

推薦入試対策としては、まず、本学を志望する理由および自己PRポイントを志望理由書の形にまとめ上げ、小論文については、小論文の合格答案の作成方法を習得するとともに、看護医療系の論点の知識も習得する必要があります。また、面接対策も重要となります。