慶應義塾女子高校・学校説明会レポート


こんばんは。洋々テリーです。

ここ数日、秋晴れが続いていましたが、ついに雨が降り始めましたね。ここから寒くなっていくようですので、皆さん体調管理に抜かりないようにお気を付けください。

さて、今日は9/30(土)に行われた慶應義塾女子高校の説明会レポートです。

今年も9月最後の土曜日の午前中に、同じ内容で2回の説明会が行われました。いつものように校長先生による理念に力点を置いた学校紹介に始まり、社会で活躍される卒業生の方のお話、生徒会役員の現役高校生の皆さんによる学校生活や授業、部活動、行事、服装など「女子高ライフ」の紹介が続きます。最後に、主事の先生によるカリキュラムや奨学金や留学制度などの女子高特有の制度、そして入試についての説明がなされました。

あくまでも個人的な印象ですが、女子高の説明会は他校以上に整然と進むように感じます。かと言って、決して淡白なわけではなく、話の端々に女子高に対する誇りをビンビン感じられる非常に味わい深い説明会です。一言で言えば、とてもカッコいいのです。また例年、1回目の説明会は満員御礼で立ち見も出る一方、2回目はそれほど混んでいない印象があるのですが、今年は2回目もほぼ満席となりました。1回目も開門前から入場待ちの長蛇の列ができており、例年以上に「女子高熱」の高さを感じました。

入試制度は、推薦入試を含めて今年は大きな変更はないようです。女子高を第一志望にすること、内申などの条件を満たした上で、中学生として部活動、生徒会、校外での活動を一生懸命やったことをアピールしてくれれば実績自体は論点としない、ことを明言されていました。

2014年度に募集枠を倍増して20名としたことからも分かるように、女子高は推薦入試を強いこだわりを持って取り組んでいます。今年も激戦が予想されますが、もし女子高を第一志望としていて、出願の条件を満たすのであれば、ぜひ挑戦して頂きたいと思います。

洋々では、女子高・推薦入試を受験される方に向けた「個別相談ウィーク」を10/14(土)まで開催しています。また、この期間の来校が難しい方については、別途個別相談を設定することも可能です。推薦入試の受験を考えていらっしゃる方は、お気軽にお電話頂ければと思います(03-6433-5130)。