AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々

西井彩(慶應環境情報)


洋々のAO入試対策 メンター紹介

メンター略歴

慶應義塾大学環境情報学部

自己アピール

私は4月Ⅱ期A方式でSFCに合格しました。Ⅰ期はB方式の二次で落ちてしまい、ショックも大きかったですが、そこから悔しさをばねに再び奮起し、リベンジを果たしました。

一般入試の対策、AOの準備、学校の勉強の3つを両立するのは、楽なことではありませんでした。また私は「学校は絶対に休まない」という主義を持っていたので、面接当日以外は学校を欠席しませんでした。Ⅰ期不合格の次の日も、泣きながら学校に行きました。正直「つらい」と感じてしまう時期もありましたが、最終的に私を合格に導いたのはそのど根性だったように思います。

つらいこともありましたが、AOの準備は全体としてとても楽しかったです。本当に、「もう一度AOを受けたい」と思うくらい、楽しかったです。受講生のみなさんにその楽しさを伝えながら、サポートをする中で私自身もまた受験生の頃のような楽しい経験ができたらいいなと思います。

AO入試を志す受験生へのアドバイス

AO入試で見られているのは、実績がどれだけ輝かしいかではなく、それまでの経験から何を考え、何を得たか、そしてそれが自分の夢にどう関わっているのか、だと思います。

私自身、特に輝かしい実績は持っていませんでしたが、洋々のサポートを受けながら自分なりに考えを深めていき、これまでの経験と実現したい未来の結びつきを表現して、結果合格することができました。

実績がなくても、自分なりに「これまで」と「これから」の関わりを伝えられれば大丈夫です。