AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々

佐藤遥香(慶應環境情報)


洋々のAO入試対策 メンター紹介

メンター略歴

桐朋女子高等学校出身

慶應義塾大学環境情報学部在学
社会心理学研究会
アントレプレナー活動 他

自己アピール

私は4月入学Ⅱ期のAO入試で合格し、SFCに入学しました。
現在は、自分の知的好奇心の赴くままに、研究や、アントレプレナー活動をして、充実した大学生活を過ごしております。
自分と向き合うことが必要不可欠なAO入試は、決して生温いものではありませんでしたが、必死に向き合い続けた結果が、今の私の生活です。AO入試を経験できたことに心から感謝しています。
だからこそ、今から頑張ろうとしている生徒さんにも、いつか私と同じように思ってほしいと考え、メンターとしてお手伝いさせて頂いてます。

SFCのAO入試全2回以外にも、立教大学の自由選抜、フェリス女学院の秋期特別入試の経験がありますので、受験期には相当量の文章を書きました。
各学校に対してアプローチの仕方を考え、工夫しなければなりませんが、それに対応する力は十分あると自負しております。

また、私は普段、人間の心理や、センチメンタルな部分に対しての研究をしておりますので、AO入試では重要な、メンタル面でのサポートということを重視し、生徒さんお一人お一人と向き合っていきたいです。

是非私と一緒に頑張ってみませんか?

AO入試を志す受験生へのアドバイス

まず、一番大事なことは、“将来を考える”のではなく、自分の興味関心にしたがっているかどうかです。
“○○大学へ行きたいからAO入試に挑戦する”のではなく、“△△について学ぶためには○○大学がベストな選択だから、その熱意をもってAO入試に挑戦する”という意識です。
とはいえ、いきなり、自分のやりたいことを問われて分かる人は少ないでしょう。私自身も初めはぼんやりしていました。
学校名や、雰囲気へのあこがれから入っても問題はありません。
AO入試の対策を行っていく上で、学校名よりも、自分の心に従う心意気になればいいのです。
将来何をしたいのか、何に関心を持ち、どのようになりたいのか、考える行程からサポート致します。
私の指導方針では、自分の力で考えることによって、自発的に生み出せるようになり、熱意に繋げることが目標なので、コーチングしていけるような質問を投げかけます。私との対話から、生徒さん自身が将来を創造していけるようになりますので、ご安心ください。
あなたの中に眠っている将来を、一緒に考えて見つけましょう。
そして合格を勝ち取り、未来を切り開いて行きましょう。