永井公成(慶應総合政策)


洋々のAO入試対策 メンター紹介

講師略歴

香川県立高松高等学校卒業
青山学院大学法学部中途退学
慶應義塾大学総合政策学部在学
他の塾にて小中高生に対し集団及び個別指導した経験あり

自己アピール

  私は多くのメンターの方々とは違い、AO入試を受験せずに一般入試のみの受験で慶應義塾大学総合政策学部に合格しました。洋々で学んだことが結果的にSFC合格へとつながりましたが、それ以外の予備校の講義も過去に受講しているので、様々な受験のための指導方法があることを理解しています。洋々の良いところは、受験生それぞれに最適な指導を受けることができるということであると認識していますので、少しでもその理念に即して受験生を合格へ導くためのお手伝いをすることが出来ればと思っています。

小論文についてのアドバイス

  SFCの一般入試の小論文は大学受験小論文の中では最難関と言われています。多岐にわたる出題分野や膨大な添付資料、年度にもよりますが1500字にも及ぶ文字数、また解答する上で受験者独自のアイデアを要求されていることがその理由です。しかし、過去問を分析し、大学やキャンパスの理念、そしてどのような人材を育てることを目的としているかなどを正しく理解していれば、なにも奇抜な解答を書く必要はないということに気づきます。洋々で教わるシンプルな書き方を学び、何度も演習することで、少しずつ自分に自信を持てるようになります。そしてやがてはSFCを合格することも夢ではなくなるでしょう。