総合型選抜(AO入試・推薦入試)・小論文の個別指導塾 洋々

総合型選抜のメディア 洋々LABO

永田一樹(慶應環境情報)


洋々 メンター

メンター略歴

都立立川高校卒業
慶應義塾大学環境情報学部在学

自己アピール

小学3年生からけん玉を始め、中学三年生の時に世界大会で3位になるなど、世界大会をはじめとする様々な大会で結果を残しました。高校に入ってからは、けん玉同好会を立ち上げ、ESSに入り英語ディベートの大会に出場、軽音部でバンドを組んだり、署名活動して臨時生徒総会を開催したり、課外活動としてビジネスコンテストに出たり、政治イベント運営したり、映像のコンペで賞をとったり。限られた時間の中で工夫を重ね、様々なことに挑戦してきました。

これだけ聞くと、いろんなことに挑戦し、まさにAOにうってつけの人であるかのように感じるかもしれません。しかし、いろいろなところに興味が散らばっている分、最後まで「自分は何がしたいんだろう、、」と悩みに悩み、締め切りギリギリでなんとか間に合わせた、というのが実情です。上記の実績もそうです、まるで全てのことがうまくいっていて、華やかなように書いていますが、その実、この何倍の数も失敗し、挫けてきました。

でもそれでも一つ誇れることがあるとすれば、それは「最後まで足掻き続けたこと」です。人の何倍も失敗した分、この「足掻き続けること」の大切さを身に染みて理解しています。

受験は過酷です。だからこそ、最後まで足掻き続けられるかどうかが肝心です。
授業を通じ、そのサポートを精一杯できれば良いなと思っています。

総合型選抜(AO入試・推薦入試)で受験する方へのアドバイス

受験は間違いなく過酷です。
投げ出したくなることも、諦めたくなることも他の人に当たりたくなることも、自暴自棄になることもあるでしょう。

誰しも、多少なりとも挫折はあります。全てが最短距離でうまくいき合格する人は極わずかです。三歩進んで二歩下がり、二歩進んで三歩下がることの繰り返しです。しかし、それでもこの紆余曲折の全ての過程は、必ず意味を持ちます。最後まで精一杯足掻き続けましょう。そうすれば自ずと結果もついてきます。

総合型選抜とは? / AO入試とは? / 推薦入試とは? / 志望理由書の書き方 / 自己推薦書の書き方 / 小論文の書き方 / 大学受験の面接

洋々オンラインでAO入試対策
まずは無料個別相談へ
総合型選抜(AO推薦)のプロがお答えします!

カウンセリングを通じて総合型選抜・学校推薦型選抜の疑問にお答えし、合格に向けたプランをご提案します。

総合型選抜のプロがお答えします!