AO入試・推薦入試・小論文対策の個別指導塾 洋々

高橋栞菜(慶應 法)


洋々のAO入試対策 メンター紹介

メンター略歴

トキワ松学園高等学校卒業
慶應義塾大学法学部法律学科 在学

自己アピール

私は文章を書くことが得意で、読書感想文のコンクールでは2度賞をいただきました。FIT入試では、「より女性が活躍する社会を作る」ことをテーマに、育児休業制度の改革を提案しました。

私が書類を書き出したのは提出の1ヶ月前、さらに一般受験の勉強をメインに余った時間での作業だったので、正直他の受験生と比べると私のFIT入試にかけた時間はあまり多いとは言えません。さらに、FIT入試でアピールできるような活動を積極的にしていたわけでもありませんでした。

ですが、「どうしてもこの学校に行きたい」という気持ちや、「どうしてもこの問題を解決したい」という気持ちがあれば時間は関係ありません。

何より大事なものは信念です。

それがうまく言葉にできなくても大丈夫です。現に私も、書き出すまで具体的なテーマは何一つ決まっていませんでした。最初はぼんやりしていても、お互いに話を重ねるごとに少しずつ形になっていきます。

また、「私には特に秀でたところなんてない」と思っている人も大丈夫です。私は人のいいところを見つけるのが得意なので、むしろ自信のない人こそ大歓迎です。

AO入試は、悩むことが大切です。決まりきった正解がない分、どうすればよりよくなるかを根気強く悩めば悩むほど質は高まります。ですが、1人で悩むのには体力を使います。不安にもなります。ですので、ぜひ私と一緒に悩んでください!

AO入試で受験する方へのアドバイス

AO受験を考えているけど、何を準備すればいいかわからない人は、まずは2つの力を磨いてください。

1つは論理的思考力です。書類作成は「なぜ?」を積み重ねていく作業なので、自分の考えを論理的に説明できる力が必要です。

もう1つは好奇心です。たくさんのことを知れば自ずと興味の持てる分野も見つかります。そしてその分野に好奇心を向ければ、自分のやりたいことが見えてきます。

特に好奇心の方は志望理由書や小論文を書く上でも大切です。普段からアンテナを張り、いろいろな知識を積極的に取り入れてください。ニュースでも本でも、それが面倒なら家族との会話でもいいです。知識は、知れば知るほど面白いけれど、知らないままだと新たな知識を楽しめずに敬遠するようになってしまいます。

AO入試では、実績や成績は1つの要素であって、無いと受からないということはありません。紋切り型のアピールポイントより、自分にしかない強みを見つけられるようにしてください。

50分の無料個別相談実施中

AO・推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO・推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!