小熊理子( 慶應 法政)


洋々のAO入試対策 メンター紹介

メンター略歴

学習院女子高等科 卒業
慶應義塾大学法学部政治学科 入学

自己アピール

「その瞬間に心揺さぶられるものに」
これが私のモットーです。

高校時代、学内だけでは物足りず、学外にも足を運び、新しい刺激にあふれた日々を送っておりました。

・学習院代表チアリーダー 副部長
・学習院ボーイスカウト 高校生指導者
・文化祭実行委員(3年間)
・明治神宮青少年の会 企画・運営
・子供の貧困への無料学習支援、自立支援 などなど

知的好奇心が満たされる感覚がなにより嬉しかったのを覚えています。学びと「楽しさ」は切り離して考えたくありません。

心揺さぶられるものに触れ続けたからこそ、AO入試での大学合格を「目的」にせず、人生を豊かにする一つの「手段」として捉えていられたのかなと思います。

メンターとして、何かを求めて洋々の門を叩くみなさん一人一人と、精一杯まっすぐに向き合います。

AO入試で受験する方へのアドバイス

「磨かなければただの石」
最後まで、自分をダイヤモンドの原石と思えるかどうか、磨く過程を惜しまずにいられるかどうか。
自分の価値を自分で定めてしまうこともできるからこそ、これは一つの大きな分かれ道だと思います。

そして、「現実的であれ」
あえて言葉を選ばないとすれば、自分をある程度客観的に捉え、井の中の蛙である自覚と、その上でどう行動するかという皆さんの姿勢を、私は応援します。

このAOという答えがない入試を通して得られることは、
ある意味で、志望校合格以上の価値を持つのかもしれません。

人生という答えのない長い旅をより良いものにするために何が必要か、洋々でのサポートと、AOと向き合う日々を通して、考えを深めていけたら良いのではないでしょうか。真剣に向き合ったものに後悔は生まれません。自分を信じて、一歩一歩共に歩みを進めましょう。