AO入試・推薦入試のヒントが見つかるメディア

洋々LABO > 大学・学部別 > 上智大学 > 【2011-2020年度】上智公募推薦の倍率の推移(2):文学部

AO入試(総合型選抜)・推薦入試のプロによる無料相談受付中!

無料個別相談を予約する >


上智大学文学部の公募推薦入試は比較的倍率が低い傾向にありましたが、近年は少し動きがあるようです。
2021年度入試では国文学科、新聞学科で募集人員の変更がありました。

上智大学文学部の公募推薦について

上智大学文学部には
– 哲学科
– 史学科
– 国文学科
– 英文学科
– ドイツ文学科
– フランス文学科
– 新聞学科
の7学科があり、すべての学科で公募推薦入試が実施されています。
2021年度公募推薦入試の募集人員は哲学科14名、史学科13名、国文学科5名、英文学科20名、ドイツ文学科11名、フランス文学科6名、新聞学科40名となっています。

上智大学文学部 公募推薦の倍率推移

哲学科の倍率推移

哲学科の倍率は1.0倍となる年度が少なくなく、倍率は比較的低い傾向にあります。ただ、2020年度では例年の倍近い志願者が集まったことで2.5倍と大きく倍率が上昇しました。
上智哲学科倍率

史学科の倍率推移

史学科の倍率は1.5倍を超えることはあまりありませんでしたが、2018年度は志願者の増加により、過去10年で初めて2倍を超え、それ以降2倍前後の倍率が続いています。
上智史学科倍率

国文学科の倍率推移

国文学科もこれまで倍率は低い傾向にありましたが、2020年度は12.0倍と大きく倍率が上がりました。志願者数は12名と例年並みでしたが、1名しか合格者を出さなかったことで高倍率となりました。
2021年度入試ではこれまで10名だった募集人員を5名に縮小することを発表しています。
上智国文学科倍率

英文学科の倍率推移

英文学科の2020年度の倍率は過去10年間で最も高い1.9倍となりました。2020年度は志願者数が減ったものの、7名しか合格者を出さなかったことで高倍率となりました。
上智英文学科倍率

ドイツ文学科の倍率推移

ドイツ文学科の倍率は2018年度、2019年度と志願者数の増加により2倍を超える年が続きました。2020年度は再び志願者数が落ち着いたことで、倍率も1.0倍となりました。
上智ドイツ文倍率

フランス文学科の倍率推移

フランス文学科の倍率は一時期1.5倍を下回る年度が続いていましたが、ここ2年は2倍前後の倍率となっています。これは志願者数はあまり変わらないものの、合格者数を抑制したことによるものです。それでも、2020年度は6名の募集人数に対し、8名の合格者を出してします。
フランス文倍率

新聞学科の倍率推移

新聞学科は募集人員よりも多めに合格者を出す傾向にあり、特に2020年度は募集人員15名に対し、67名の志願者数が集まり、41名が合格しました。2021年度入試では、新聞学科は募集人員を40名に増員することを発表しています。
上智新聞学科倍率

■ 上智大学 入試統計
https://www.sophia.ac.jp/jpn/admissions/ad_toukei/index.html

他学部の倍率に関する記事

【2011-2020年度】上智公募推薦の倍率の推移(1):神学部

【2011-2020年度】上智公募推薦の倍率の推移(3):総合人間科学部

【2011-2020年度】上智公募推薦の倍率の推移(4):法学部

【2011-2020年度】上智公募推薦の倍率の推移(5):経済学部

関連記事

【2021年度入試】上智大学 公募推薦入試の概要が公開されました!

【解説】2021年度以降の上智大学一般入試の変更点と対策

上智大学の入試倍率変動、どう見る?受験に臨む心構えと対策

▼上智大学「合格者の声」▼

洋々では無料の個別相談を実施しています。
AO・推薦入試のプロフェッショナルが受験に関する疑問にお答えします。上智大学の受験を検討されている方はお気軽にご相談ください。

洋々無料個別相談

洋々無料個別相談

平日14:00~21:00 土曜10:00~19:00 水日祝休み

AO入試・推薦入試・小論文対策の個別指導塾 洋々が運営するウェブメディア「洋々LABO」編集部です。大学AO推薦入試を中心に、2021年度入試改革や高校推薦入試などについて、日々の指導現場の視点から受験生のみなさんに役立つ情報を発信します!東京・渋谷に所在しています。

50分の無料個別相談実施中

AO・推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO・推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!