AO入試・推薦入試のヒントが見つかるメディア

洋々LABO > インタビュー > コラム > アブダビ奮闘記 [ 第2回 ]アラブ首長国連邦

AO入試(総合型選抜)・推薦入試のプロによる無料相談受付中!

無料個別相談を予約する >


どうもみなさん、松谷です。二回目の更新となるアブダビ奮闘記、なるべく継続して更新できるようにしたいと思います。

さて、今回はアラブ首長国連邦、通称UAEについて軽く紹介したいと思います。中々みなさん名前は知ってるけど、実情は知らない、という方は多いのではないでしょうか。

UAEという国は7つの首長国が集まってできた国です。それぞれの特徴を書いていきます。

アブダビ

UAEの首都はこのアブダビです。ぼくが住んでいるところですね。アブダビはかなり広くてUAEのうち約7割を占めています。(その内9割は砂漠ですが笑)

なんといってもこのアブダビは石油が出るんですね。UAEの収入の約8割はこのアブダビから来ています。なので実質的にアブダビがUAEの政治だったり統治をしているという形になります。

ドバイ

「ドバイって国じゃないの?」と思っている方が多いと思いますが、あっているようでちょっと違います。また、日本ではドバイはお金持ちのイメージとしてありますが、実際にはあんまりお金持ってません。笑 

現在、世界一高いビルである「ブルジュ・ハリファ」は元々「ブルジュ・ドバイ」という名前だったのですが、建設しているときにお金が足りなくなってアブダビから借りたため、アブダビ皇太子のハリファさんの名前をつけています。

その他

ごめんなさい、その他の首長国は正直いってあんまり話題にならないのでまとめちゃいます。
一応書いておきましょう。フジャイラ、ラアスアルハイマ、アジュマン、シャルジャ、ウンム・アルカイワインです。これらの首長国はアブダビほど石油も出ないし、ドバイほど観光や物流も盛んではないため現在はフリーゾーンと呼ばれる地域を作って外国人が起業をしやすいような環境を整えているそうです。

サービス業やITというよりは、エンジニア系の会社が多いとききます。石油を掘るためでしょうか。

さぁこんな感じで今回は締めたいと思います。アメリカがイランの司令官を殺害したとき、友達から心配されましたがUAEが戦場になる可能性は低いと思うので気軽にいらしてください。

それでは、また。

現在、慶應SFC3年を休学中でアブダビにいる洋々メンターの松谷です。今は中東情勢だったり、エネルギーについて調べていますが、基本的になんでも興味あります。「アブダビ奮闘記」お楽しみに!

50分の無料個別相談実施中

AO・推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO・推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!