AO入試・推薦入試のヒントが見つかるメディア

洋々LABO > インタビュー > コラム > アブダビ奮闘記 [ 第7回 ]アブダビでの生活

こんにちは、松谷です。今回は私がアブダビでどのような生活を送っているのかをみなさんにご紹介したいと思います。アブダビに来てもうすぐ一年が経ち、生活リズムも安定してきました。UAEでは平日が日曜日から木曜日で週末が金・土曜日になっています。金曜日はイスラム教徒にとっての安息日であるためです。

平日には朝9時ごろに起きて会社に行きます。自宅から徒歩2分のところにオフィスがあるので物凄く楽です。現在、父が飲食店を経営しているのでそのお手伝いをしています。業者さんと連絡を取って値段の交渉をしたり、伝票の整理をしたり、次のプロモーションや新しいメニューを考えたりなど全般的なことをしています。15時ごろにオフィスでの業務を終え、少し家で休んでからレストランに向かいます。私は料理人ではないのですがキッチン内に入ってスタッフとコミュニケーションを取ったり、掃除がきちんとされているか、在庫の具合や店内の状況などをみて現場がどういう状態なのかをほぼ毎日チェックしています。

金曜日には休みをいただいているので昼過ぎまで寝ています。私は「Kharsha」という和太鼓グループに所属しているため練習に向かい、夜遅くまで練習しています。そしてたまにそのグループのメンバーと夜ご飯を食べたりして過ごします。土曜日にはたまに休んだり、休まなかったりです。笑 土曜日は和太鼓の演奏が入ることが多いのですが、演奏がない時にはお昼まで寝ていたり、本を読んだり、動画を見てゴロゴロしていたりします。実はいま私ゴルフにはまっていて最近は専らゴルフの練習をしています。

ですがやはり「留学」という形ではないため同世代の友達が作りにくいです。さらにアブダビは東京と違って遊びに行くところもないので毎週暇をしているのが現状です。とほほ。ですが時間が経つのははやいですね。最初の三か月はものすごく長く感じたのに、もう一年か。おそらく生活リズムが安定してきて慣れ始めると一瞬なのでしょうか。このままアブダビ生活を終えるのはなんだか物足りないのでなにか刺激を与えたいところです。

それでは、また。

現在、慶應SFC3年を休学中でアブダビにいる洋々メンターの松谷です。今は中東情勢だったり、エネルギーについて調べていますが、基本的になんでも興味あります。「アブダビ奮闘記」お楽しみに!

50分の無料個別相談実施中

AO・推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO・推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!