AO入試・推薦入試のヒントが見つかるメディア

洋々LABO > 大学・学部別 > 慶應SFC > 慶應SFC AO入試9月入学の倍率の推移(2013年度-2018年度)

こんにちは、AO・推薦入試専門塾 洋々のプロフェッショナルの奥津です。

前回記事では2020年度慶應SFC AO入試9月入学の全体像について解説しましたが、今回は2012年度~2018年度の慶應SFC AO入試9月入学の倍率の推移について見ていきたいと思います。
(※ 2018年度入試のデータが現時点で公開されている最新のデータとなります)

近年増加傾向だった最終合格者数が、2018年度入試では2014年度と同程度の水準まで減少しました。

▼ クリックで拡大できます慶應SFC AO入試9月入学の倍率の推移(2013年度-2018年度)

特に総合政策学部のA方式は最終合格者数が4名と大きく減少しており、倍率は13.8倍とここ数年では2013年度の17.0倍に次ぐ高倍率となりました。

▼ クリックで拡大できます慶應SFC AO入試9月入学の倍率の推移(2013年度-2018年度)

今年度の合格者数がどの程度になるかは定かではありません。
ただ、いずれの場合でも合格には自らが実現したい将来像や入学後の目的意識、具体的な研究計画などについて考えを深めるなど本質的な準備が不可欠です。

SFCのAO入試を目指す既卒生の方であれば、まずはAO入試9月入学に向けて出願書類を準備し、不合格となったとしても、そこからブラッシュアップを重ねて4月I期、4月II期に臨むことをおすすめします。

洋々では無料の個別相談を実施しています。
AO・推薦入試のプロフェッショナルが受験に関する疑問にお答えします。お気軽にお申込ください。

洋々無料個別相談

▼ 慶應SFC AO入試 合格者の声はこちら ▼
慶應SFC AO入試合格者の声

AO入試・推薦入試・小論文対策の個別指導塾 洋々のプロフェッショナル。大学AO・推薦入試、高校推薦入試を中心に、これまでに数多くの受講生をサポートしてきました。

慶應義塾大学 総合政策学部卒

50分の無料個別相談実施中

AO・推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO・推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!