総合型選抜(AO推薦)のヒントが見つかるメディア

洋々LABO > AO推薦入試検索データ > 立教大学経営学部自由選抜入試方式A資格Ⅱ

総合型選抜(AO推薦入試)のプロによる無料相談受付中!

無料個別相談を予約する >


対象年度:2023

入試日程

【立教大学自由選抜入試】
出願締切 2022年9月20日
書類郵送締切 2022年9月21日
第一次選考発表(文学部 文学科(ドイツ文学専修、フランス文学専修以外) 2022年10月26日
第二次選考(異文化以外) 2022年11月19日
第二次選考(異文化方式B) 2022年11月20日
合格発表 2022年12月3日

倍率情報

年度志願者数1次通過最終合格倍率
20217514116.8
20206814106.8
20196816125.7

主な出願資格

以下の内容は過去の年度の情報です。

募集人員現浪条件評定要件英語要件
10現役のみ4英検CSE 1950以上、TOEFL iBT 42以上、IELTS 4以上、TEAP 225以上、TEAP CBT 420以上

・自由選抜入試内および帰国生入試との併願は不可、国際コース選抜(社会学部以外)は併願は可。

・出願には次の(a)~(d)のいずれかに該当することが必要。
(a)高等学校在学中に、文化・芸術の分野(音楽、放送、演劇、美術、文学、書道、プレゼンテーション、ディベートなど)における全国または国際レベルの大会において、上位に入賞し、かつ、その活動団体において指導的役割を果たした者。なお、2020年4 月以降の実績については、全国レベルの大会が開催されていないことに鑑み、都道府県レベルの大会で優秀な成績を収めた者のうち、その活動団体において指導的役割を果たしたものも含むこととする。
(b)高等学校等のその他の課外活動の分野において指導的役割を果たし、かつ、めざましい実績を挙げた者。
(c)高等学校在学中に、ボランティア活動、校外活動の団体において指導的役割を果たし、かつ、めざましい実績を挙げた者。
(d)高等学校在学中に、日商(日本商工会議所)簿記1 級を取得し、校内の活動において指導的な役割を果たした者。

・英語外部検定試験については、上記に加え、下記のいずれかの資格を有する者も出願可能。
- ケンブリッジ英語検定スコア 140 点以上
- GTEC スコア 960 点以上
- TOEIC L&R のスコアと 2.5 倍した TOEIC S&W のスコアとを合算したスコア 1,150 点以上(いずれも IP テスト可)

主な出願書類

志望理由書

これまでの自分の実績や集中して行なってきたことに触れながら、入学後に何をどのように学びたいのかを記入。

文字数目安:2000

外部リンク

活動報告書C

以下のテーマについて具体的に1,000字程度で記入。
テーマ:「あなたが果たした指導的役割について」

文字数目安:1000

外部リンク

選考の概要

面接概要

面接試験は実施されるが、公式要項には詳細情報掲載なし。

その他特記事項


50分の無料個別相談実施中

総合型選抜のプロがお答えします!

カウンセリングを通じて総合型選抜や学校推薦型選抜の疑問にお答えし、合格に向けたプランをご提案します。

総合型選抜のプロがお答えします!