AO入試・推薦入試のヒントが見つかるメディア

洋々LABO > インタビュー > コラム > 【受験と家族】子どもに自主性がありません。どう関わったら良いのでしょうか?

AO入試(総合型選抜)・推薦入試のプロによる無料相談受付中!

無料個別相談を予約する >


受験生と家族との関わり合いは、ときとしてセンシティブになりやすいもの。特に、家族に初めて受験を経験する子どもがいる場合、「どう関わったらいいかわからない」「うまく距離感がつかめない」「ついつい言い争いになってしまう」と悩むご家庭も多いのではないでしょうか。

受験期を家族で乗り越えるには、受験生とその家族が互いに適切な関わりあいを持つように意識することが大切です。うまく関わりあうことができれば、受験を通してより良好な家族関係が生まれるかもしれません。

連載【受験と家族】では、受験生のいるご家庭から寄せられた相談に対し、コーチング資格を持ち、受験生の子育てを経験した洋々のジェネラルサポーターズがお答えします。受験生と家族が「みんなで受験を上手に乗り越えるヒント」となる情報をお届けします。

中尾仁美
コーチングをベースにした「自分も組織も成長させる人材育成研修」を官公庁や民間企業で多数実施。人が「社会で活躍できる人」になるために、自分で考え行動を起こせるようなサポーティングを心がける。

やまざきみどり
(財)生涯学習財団認定コーチ。2008年より受験生の母親向けサポート力アップセミナーを開催し、スキルだけでなく、母親自身の心の体幹を鍛えることを目指す。子どもの主体性を引き出すように関わることで、「より良い合格」を目指すのがモットー。

【今回寄せられたご相談】

「子どもに自主性がありません。どう関わったらよいのでしょうか?」
受験生の子どもを持つ親です。受験は自分自身のことなのに、子どもにあまりその自覚がないようで、ついつい口出ししてしまいます。もっと自主性を持ってほしいと思うのですが、親として、どう関わるべきなのでしょうか?

【回答】

焦るお気持ち、お察しします。部屋で静かにしているから、「勉強しているのかな?」と思って覗きにいくと寝ている……なんてことがあると、つい「ちょっと!」と言いたくなってしまいますよね(笑)。

「自主性を持ってほしい」とのご相談ですが、お子さんがほんとうに「自主性を持っていない」のかどうかは、慎重に見極める必要があります。もしかしたら、勉強に対しては自主性が薄いけれど、趣味や部活動などは自主的に取り組んでいる、ということもあるかもしれません。「勉強に対してだけ自主性がもてないのはなぜなのか」「親としてどう関われば、受験への自主性を育てられるか」という観点で考えてみると、これまでとは違った視点でお子さんと関われるようになるのではないでしょうか。

また、よく見受けられるのが、子どもにトライアンドエラーの経験をさせないまま親がいきなり手を離してしまうパターン。関わり合いが「0か100か」になってしまっているのです。

急に手を離されても、それまで成功体験や失敗経験を持たない子どもは、すぐにはうまく自立できません。その結果、結局すべてに手をかけてしまい、「うちの子はできない」「自主性がない」と感じてしまう親御さんが多いように感じられます。

このようなとき、親子間の関わり合いとして重要なのが、「どこからどこまでは親が関わるが、どこから先は子ども自身で乗り越えるのか」を明確にしておくこと。たとえば、親は塾や志望校の相談には乗るけれど、実際に情報を集めて最終決定を下すのは本人、といった線引きを決めておくことで、親による過剰な介入や子どもの甘えを防ぐ効果があります。

線引きをしないまま進むと、互いに距離感をつかみそこねてしまい、結果として介入や甘えが生まれます。どこにどう線を引くか、親子であらかじめ話し合えば、「ここまでは頼っていい」「ここからは一人でやる」というように、子どものなかに責任感が芽生えやすくなるはずです。

トライアンドエラーの経験が乏しいということは、必然的に失敗の経験も乏しいということ。人は失敗から多くを学びますが、「失敗からどう学ぶか」という方法についても、まずはやってみなければ学べないわけです。一度や二度、自立に失敗したとしても、それはお子さんに能力がないのではなく、方法を知らないだけ、ということも充分にあり得ます。たとえ少々失敗をしたとしても、お子さん自身が「自分で気づく」経験を応援する気持ちで見守ると、親御さんも少し気持ちに余裕が持てるかもしれませんね。

受験生を持つご家庭のお悩みをお寄せください

【受験と家族】では、受験生がいるご家庭や、これから受験を考えている子どもを持つご家庭からのご相談を募集しています。いただいた内容は【受験と家族】シリーズにおいて、中尾とやまざきより回答いたします。匿名での相談も可能です。(皆さまからのご相談すべてに回答できるとは限りませんのでご了承ください)

ご相談はこちらからどうぞ!

小論文エキスパート

50分の無料個別相談実施中

AO・推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO・推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!