立教自由選抜の二次対策について

Pocket

立教自由選抜に出願されている方、月曜日に一次の発表がありましたがいかがでしたか?

狭き門ゆえ残念な結果に終わった方も多いとは思いますがその場合は気持ちを切り替えて次に進みましょう。

無事2次選考受験のチャンスを与えられた方は是非そのチャンスをものにできるよう来月16日に向けて頑張ってください!

英語については短期間でできることは限られています。英語そのものの実力を2週間ちょっとで上げるのは正直難しいと思います。ただ、試験毎の癖のようなものはあるので、過去問をやってその周辺知識を固めておくことで今からでも点数を上げることは可能だと思います。過去問は手に入るだけやっておくとよいかと思います。

小論文は今からでも書き方を学ぶと点数にかなり差が出ると思います。基本的な書き方を知った上で、過去問を解くことで今からでも大きく点数を伸ばすことができると思います。その意味で以下の小論文シンプルパックはお薦めです。立教自由選抜に絞って、しかも学部毎に課題を用意しているので無駄なく学習することが可能です。

小論文シンプルパック(立教自由選抜二次選考用)
立教社会学部自由選抜小論文
立教理学部自由選抜小論文
立教経済学部自由選抜小論文
立教経営学部自由選抜小論文
立教観光学部自由選抜小論文
立教異文化コミュニケーション学部自由選抜小論文
立教文学部自由選抜小論文

小論文シンプルパックのサンプル動画

小論文シンプルパックはいずれも以下の流れになっています。

1. 動画講義を視聴して小論文の書き方を知る
2. その学部の過去問について回答し、Web上で採点を受ける
3. 過去問の回答を元にプロ講師の個別指導を受ける(Skype)

リーズナブルな価格で学部に特化した効果的な対策を行うことができます。


洋々ではプロフェッショナルによる無料の個別相談を承っております。

個別相談申込ページからご予約いただくか、

電話またはメールにてご連絡ください。

電話:03-6433-5130(平日1400-2100、土1000-1900。水日祝休み。)

Eメール:you2_info@you2.jp

お気軽にご相談ください。

洋々代表。日本アイ・ビー・エム株式会社にて、海外のエンジニアに対する技術支援を行う。その後、eラーニングを中心とした教材開発に、コンテンツ・システムの両面から携わる。 東京大学工学部電子情報工学科卒。ロンドンビジネススクール経営学修士(MBA)。