日本の大学でリベラルアーツを学ぶ(6):立教大学グローバル・リベラルアーツ・プログラム(GLAP)

Pocket

日本の大学でリベラルアーツを学ぶシリーズ第6弾は立教大学グローバル・リベラルアーツ・プログラムです。

◆ 立教大学グローバル・リベラルアーツ・プログラム(GLAP)
立教大学グローバル・リベラルアーツ・プログラム(GLAP)は2017年に始まったばかりのとても新しいプログラムです。GLAPは特定の学部・学科を選ぶのではなく独立したプログラムになっています。原則すべて英語での授業となり、1年間の留学もプログラムに含まれています。入学から1年半は全寮制となっています。定員は20名で志願者は国際コース選抜入試を受験します。国際コース選抜入試は秋季実施(9月出願)、春期実施(1月出願)の2回に亘って行われます。

◇国際コース選抜入試
出願するためには以下のいずれかの英語資格が必要になります。
– ケンブリッジ英検FCEグレードC合格以上
– 英検準1級以上
– GTEC CBT 1160以上
– IELTS 5.5以上
– TEAP 334以上
– TOEFL iBT 72以上
– TOEFL Junior Comprehensive 341以上
– TOEIC LR/SW 1095以上

メインの出願書類は志望理由書です。志望理由書の分量はA4 2ページで英語か日本語のいずれかで書くことになっています。2次選考は面接および英語による小論文によって行われます。

秋季実施においては9月下旬に出願締切、10月下旬に1次発表、11月半ばに2次選考、12月初旬に最終発表という流れになっています。春期実施においては1月半ばに出願締切、2月上旬に1次発表、2月下旬に2次選考、3月上旬に最終発表という流れになっています。


洋々ではプロフェッショナルによる無料の個別相談を承っております。

個別相談申込ページからご予約いただくか、

電話またはメールにてご連絡ください。

電話:03-6433-5130(平日1400-2100、土1000-1900。水日祝休み。)

Eメール:you2_info@you2.jp

お気軽にご相談ください。

洋々代表。日本アイ・ビー・エム株式会社にて、海外のエンジニアに対する技術支援を行う。その後、eラーニングを中心とした教材開発に、コンテンツ・システムの両面から携わる。 東京大学工学部電子情報工学科卒。ロンドンビジネススクール経営学修士(MBA)。