AO入試・推薦入試のヒントが見つかるメディア

洋々LABO > AO推薦入試データ > 学習院大学国際社会科学部AO入試

対象年度:2021

入試日程

倍率情報

年度志願者数最終合格倍率
2019147473.1

主な出願資格

以下は2020年度の参考情報です。

募集人員現浪条件評定要件英語要件
20二浪までOK英検準1級以上、英検CSE 2304以上、TOEFL iBT 62以上、IELTS 5.5以上、TEAP 310以上、TEAP CBT 550以上

・語学資格
(出願時取得後2年以内のもの。:2017年11月以降取得)
TOEIC LR+TOEIC SWで910点以上
ケンブリッジ英First Certificate English(FCE)以上
GTEC1220以上(4技能オフィシャルに限る)
旧GTEC CBT1200以上(2017年11月・2018年3月の実施回に限る。)

主な出願書類

以下は2020年度の参考情報です。

志望理由書

・履修を希望する専門科目(社会科学)の講義(5つまで)と、大学卒業後に希望するキャリア(進路)を踏まえ、学習院大学国際社会科学部があなたに合うと考える理由について記載してください。800〜1000字

文字数目安:1000

外部リンク

海外研修に対するあなたの考え

・入学後にどのような海外研修を経験したいのかについて、現時点であなたの考えを記載してください。(期間、国地域等、何を学びたいのか、海外研修後の将来などについて)800〜1000字

文字数目安:1000

外部リンク

選考の概要

以下は2020年度の参考情報です。

面接概要

・口頭試問(英語と日本語):1人10分~15分
英語によるコミュニケーション能力を確認すると共に、自己紹介や将来像などをもとに適性を確認します。国際社会の課題について日本語で説明を求め、知識や関心を確認します。

英語試験概要

・筆記(英語または日本語で解答):90分
国際社会に関する英語の長文を読ませ、英語の読解力、英語と日本語の論理的思考力、国際社会に関する知識を確認します。
英語による本文の要約と意見の記述、日本語による本文の和訳と国際社会に関する知識を確認します。

その他特記事項


AO入試・推薦入試・小論文対策の個別指導塾 洋々が運営するウェブメディア「洋々LABO」編集部です。大学AO推薦入試を中心に、2021年度入試改革や高校推薦入試などについて、日々の指導現場の視点から受験生のみなさんに役立つ情報を発信します!東京・渋谷に所在しています。

50分の無料個別相談実施中

AO・推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO・推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!