AO入試・推薦入試のヒントが見つかるメディア

洋々LABO > AO推薦入試データ > 専修大学経済学部国際経済学科AO入試英語資格型

AO入試(総合型選抜)・推薦入試のプロによる無料相談受付中!

無料個別相談を予約する >


対象年度:2021

入試日程

倍率情報

年度入試タイプ志願者数1次通過最終合格倍率
2019(英語資格型、発想力型・探索力型の合算)4627153.1

主な出願資格

募集人員現浪条件評定要件英語要件
20現役のみ英検2級以上、TOEFL iBT 54以上、TOEIC LR 550以上、IELTS 5以上

・英語外部検定試験については、上記に加え、下記のいずれかの資格を有する者も出願可能。
 -TOEFL PBTスコアが480点以上 
 -ケンブリッジ大学一般英語検定試験 PET以上
 -GTEC( 3 技能版)スコア(オフィシャルスコアに限る)が675点以上
 -GTECスコア(オフィシャルスコアに限る)が1050点以上

・実用英語技能検定2級でCSEスコアが2304未満の者は、英語の評定平均値4.2以上であることが必要

主な出願書類

志願理由書

文字数目安:500

課題小論文

【課題】
 移民の増大が日本社会にもたらすメリットとデメリットを以下の論点を参考に論じてください。
職種や学歴、居住地域などによって恩恵を受ける市民とそうでない市民の間で格差が開く可能性に留意してください。
 日本政府は、2019年から介護、建設、外食、宿泊、農業など人手不足が問題な14業種での外国人労働者の受け入れを決定しました。政府としては、外国人労働者の受け入れを5年間など一定期間に限り、移民としては受け入れていないという立場です。だが、国際的には外国出身の長期滞在者は移民とみなされます。また、欧米では、期限付きの外国人労働者がのちに家族移民を同伴し定住する事例が少なくありません。
 移民の増大は移民と同じ仕事をする市民の雇用環境の改善を妨げる一方、移民による介護や家事代行などのサービスの恩恵を受ける市民にとっては、自分の職務への専念や主婦の職場復帰を可能にします。経済学では前者を代替効果、後者を補完効果とよびます。他方、移民受け入れによる税や社会負担の増加、慣習や文化をめぐる地域社会との緊張関係を懸念する声もあります。

文字数目安:1500

選考の概要

面接概要

試験内容:提出された書類と小論文の内容について面接を行います。面接では、書類に記載された内容についての説明、小論文の内容についての説明をしていただきます。自己紹介、志望動機や国際経済への関心事などについて、英語および日本語で説明できているかを重視しています。

その他特記事項

大学の公式情報へのリンク

入試要項・入試に関わる公式情報を確認するにはここをクリック


AO入試・推薦入試・小論文対策の個別指導塾 洋々が運営するウェブメディア「洋々LABO」編集部です。大学AO推薦入試を中心に、2021年度入試改革や高校推薦入試などについて、日々の指導現場の視点から受験生のみなさんに役立つ情報を発信します!東京・渋谷に所在しています。

50分の無料個別相談実施中

AO・推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO・推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!