本当においしい?~早慶上智AO・推薦入試の合格者数

Pocket

1561名。

早慶上智のAO・推薦入試の2013年度の定員の合計です。多いと思うか、少ないと思うかは人によると思いますが、私は結構な数だと思います。この数字にはいわゆる「スポーツ推薦」が含まれていません。すなわち特定のスポーツが得意で、大学の体育会の監督がOKを出せば、合格するという形の入試(*1)は含まれていません。また、AO入試という名前がついていても日本の普通の高校の生徒が受験できないような入試は含まれていません。帰国生入試も対象外です。指定校推薦も外しています。つまり、日本の普通の高校に通う高校生であれば、自分の今まで頑張ってきたこと、大学で学びたいこと、将来やりたいことを書類や面接を通してアピールすることで合格するチャンスがある、という試験に絞っての定員です。私大のトップである早慶上智で「普通の高校生」を対象とした入試の多様性が広がってきているのです。早稲田大学では今後、入試制度を抜本的に改革すると宣言しており、入試の多様性がさらに広がることが予想されます。

早慶上智のAO・推薦入試(2013年度)の定員の内訳は以下のようになっています。実は同じAO・推薦入試でも中身はかなり違います。受験生の皆さんは、一般入試も含めて、是非自分を最もアピールできる試験の形を見つけてください。

<早稲田大学>計440名
国際教養学部AO入試(国外選考を除く) 250名
政治経済学部AO入試 50名
教育学部自己推薦入試 50名
社会科学部全国自己推薦入試50名
スポーツ科学部スポーツ自己推薦入試 40名

<慶應義塾大学>計500名
文学部推薦入試(自主応募制) 120名
法学部FIT入試 160名
総合政策学部AO入試 100名
環境情報学部AO入試 100名
理工学部AO入試 20名
看護医療学部AO入試 若干名(上記人数にはカウントしていません)

<上智大学> 計621名
神学部推薦入試(公募制) 8名
文学部推薦入試(公募制) 78名
総合人間科学学部推薦入試(公募制) 74名
法学部推薦入試(公募制) 53名
経済学部推薦入試(公募制) 53名
外国語学部推薦入試(公募制) 129名
国際教養学部推薦入試(公募制) 39名
理工学部推薦入試(公募制) 41名
国際教養学部書類選考入試 146名

*1 体育会の推薦に関係なく、書類・小論文・面接で評価される早稲田大学スポーツ科学部のスポーツ自己推薦の40名分はカウントしています。


洋々ではプロフェッショナルによる無料の個別相談を承っております。

個別相談申込ページからご予約いただくか、

電話またはメールにてご連絡ください。

電話:03-6433-5130(平日1400-2100、土1000-1900。水日祝休み。)

Eメール:you2_info@you2.jp

お気軽にご相談ください。

洋々代表。日本アイ・ビー・エム株式会社にて、海外のエンジニアに対する技術支援を行う。その後、eラーニングを中心とした教材開発に、コンテンツ・システムの両面から携わる。 東京大学工学部電子情報工学科卒。ロンドンビジネススクール経営学修士(MBA)。