慶應法FIT入試の書類(2)志願者調書(A方式・B方式共通)


慶應法FIT入試には志願者調書という書類があります。おもて面に氏名、住所等の他、学歴(小学校入学から高校卒業まで)、高校卒業後の経歴(学歴・職歴)、海外滞在歴を記入する欄があります。

FIT入試志願者調書

おもて面については事実をそのまま書いていけばいいので特に難しいことはありません。FIT入試特有の内容で、受験生を悩ませるのが裏面です。FIT入試の志願者調書の裏面には4つの質問があります。

FIT志願者調書(4つの質問)

4つの質問の内容は「中学卒業以降の人間的成長」、「物の見方や考え方に大きな影響を及ぼした事柄」、「今関心を抱いている事柄」、「慶應法学部法律学科または政治学科の場に期待していること」です。それぞれ8行分、回答します。慶應法FIT入試志望理由書の説明のところでも触れましたがこの「4つの質問」には通常志望理由書に含まれるような内容もあり、重複し過ぎず、かつ、整合性の取れた記述をすることが大事になります。

B方式の面接においてはこの志願者調書に書かれたことを中心に質問されることが多く、その意味でもとても重要な書類になります。志望理由書同様手書きで書く必要があります。