オトナたちのひな祭り

Pocket

女性はピンクが好きである。年代や用途を問わず、様々なアンケートでも圧倒的な1番であることが多い。今では女子の健やかな成長を祝う日となった3月3日の節句が、「ピンク色」を表す花で彩られていることは偶然ではない。古くから桃の花は女性のシンボルとされてきた。

桃の節句は「五節句」の一つである。五節句とは、宮中で季節の節目で行われてきた邪気祓いの儀式がそのルーツであり、伝統行事の中でも最も重要度の高いものとされていた。江戸期には桃の節句は、他の五節句とともに祝日に指定されていたが、この頃にはこの桃の節句の日に子供たちが浜遊びをするのが一般的になっていたらしい。これは、元々この日に宮中で行われていた邪気払いのために川や海で身を清めるという儀式が、民間にも広がったものと伝えられている。2枚の貝殻がピッタリとくっついて離れないこと、貝殻同士がピッタリと合うものが2つとないことから、女性の良縁を願う縁起物とされる蛤であるが、もしかすると桃の節句に蛤を食べる習慣もここから来たのかもしれない。

子供の頃は、家族だけではなく祖父母も交えて盛大にお祝いをしたひな祭りも、大人になり、更に親と離れた生活をするようになると、あえてお祝いをすることも少なくなる。けれども、節句におけるイベントの元々の趣旨は、身を清め次の季節の無事と健康を祈るというものであった。それは子供の専売特許ではない。クリスマスやバレンタインだけでなく、日本に古くからある季節のイベントも、大人の生活の中にもう少し取り入れられてもいい。

桃の節句の日に、大人の女性だってせっかくなので雛あられを食べたり、1小節だけ「うれしいひなまつり」を口ずさんだりして、少しばかり日常と離れ自分の身を顧みるのも悪くない。また男性だって、誰のためでもない雛人形を飾れとまでは言わないが、便乗して蛤の吸い物を頂く位はしてもいいだろう。

段々とその気配を感じられるようになってきた次の季節を、それぞれが新たな気持ちで迎えるために。


洋々ではプロフェッショナルによる無料の個別相談を承っております。

個別相談申込ページからご予約いただくか、

電話またはメールにてご連絡ください。

電話:03-6433-5130(平日1400-2100、土1000-1900。水日祝休み。)

Eメール:you2_info@you2.jp

お気軽にご相談ください。

人の成長を支援する「洋々」GM。経営コンサルティング会社A. T. Kearneyにて、Managerとして金融機関を中心に数多くのコンサルティングを手掛ける。また、採用担当者として多くの面接を行うと共に、コンサルタント向け研修プログラムの作成、実施にも深く関わる。金融専門誌への執筆多数。慶應義塾大学経済学部卒。ミシガン大学ビジネススクール・MBA Essential program修了。