AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々

学業とスポーツを高いレベルで両立させるために慶應大学総合政策学部AO入試に見事合格!Y.E.さん

AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々 > 洋々 卒業生の合格校 > 慶應SFC AO入試 > 学業とスポーツを高いレベルで両立させるために慶應大学総合政策学部AO入試に見事合格!Y.E.さん


学業とスポーツを高いレベルで両立させるために慶應大学総合政策学部AO入試に見事合格!

「メンターに薦められて読んだ三田評論には自分のテーマを決める上でのヒントがありました」


Y.E.さん

埼玉県 私立高校

慶應義塾大学総合政策学部 AO入試 合格

まずは慶應SFCを目指したきっかけを教えてください。
 大学では学業とスポーツを高いレベルで行いたいと考えていたので慶應早稲田のいずれかの学部に行きたいと思っていました。学びたいことがたくさんありそれらをすべて学べるということで慶應の総合政策学部を選びAO入試を受験することにしました。SFCであれば将来やりたいことについても学べるし、自分のやってきたスポーツの技能を高めるためのことについても学べると思い、是非行きたいと思うようになりました。

書類の準備はどのように行いましたか?
 5月に洋々に来てメンターのサポートを受けながら書類のテーマを考えました。メンターと話していく中でテーマはだいぶ変わりました。テーマを考える上で本も参考にしました。メンターに薦められて読んだ三田評論には自分のテーマを決める上でのヒントがありました。SFCの志望理由書は2000字と決まっているので、その限られた字数の中でいかに大事なことを書くか、ということと、いかにわかりやすく書くか、ということに特に気をつけました。テーマを決めるのに時間をかけたので、実際に書類を作りはじめたのは出願締切の2、3週間前だったと思います。出願直前の時期に自分の行っている競技の全国大会が重なっていて、なかなか時間が取れずほとんど寝ずに書類を完成させました。その頃が精神的にも肉体的にも一番きつかったです。

面接はどうでしたか?
 面接については1次の結果が出る前から少しずつ準備をしていましたが1次通過後に洋々でしっかりとサポートを受けて準備をしました。本番の前日までは緊張しなかったのですが本番当日キャンパスに着いたときに緊張しはじめました。ただ、ミニ作文が始まった頃にはだいぶ緊張感も薄れました。洋々で議論したことは本番の面接でも結構聞かれました。志望理由よりも自分が行っていたスポーツについての質問の方が多かったように感じました。答えにくい質問でも何とか食らいついていくことで意欲が伝わったと思います。

SFC AO受験を振り返ってみての感想は?
 準備を始めたときは何を書いていいか全くわからなかったですし、面接にも苦手意識がありました。しかも洋々ではこてんぱんにやられるので合格は難しいだろうな、と何となく思っていました。でも洋々のメンターやプロと話をする中で徐々に書き方がわかってきて自信もついてきたように思います。

今後の受験生へのアドバイスをお願いします。
 1番大事なのは自分のテーマについて考え抜いて、何を聞かれてもいいようにしておくことだと思います。SFCの場合は、入学後の学習計画、それがSFCでないといけない理由、熱意、といったことが特に大事だと思いました。自分も初めは全く自信がなかったのに何とか合格までたどり着いたので、是非あきらめずに頑張ってください!

SFC入学までのプランを教えてください。
 今まで睡眠時間を削ってまで一般入試の準備も含めて勉強してきたので今後は大学入学までスポーツの方にも力を入れていきたいと思っています。それから数学と英語については大学入学後も必要になると思うので、引き続き勉強していきたいと思います。

どうも有り難うございました。Y.Eさんの今後のご活躍を、洋々のスタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。