AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々

高1からファーストステップ講座を有効活用し、慶應法FIT入試B方式(南関東ブロック)に見事合格!P.C.さん

AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々 > 洋々 卒業生の合格校 > 慶應法 FIT入試 > 高1からファーストステップ講座を有効活用し、慶應法FIT入試B方式(南関東ブロック)に見事合格!P.C.さん

高1からファーストステップ講座を有効活用し、慶應法FIT入試B方式(南関東ブロック)に見事合格!

「SGH活動の研究に関する計画書のアドバイスなど、学校の活動に関するサポートもしていただきました。こうした学校の活動を充実させることが、結果的にFIT入試準備にも大いに役に立ったと思います。」

P.C.さん

東京都 国立東京学芸大学附属国際中等教育学校

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試B方式(南関東ブロック) 合格
早稲田大学 政治経済学部政治学科 グローバル入試 合格

合格おめでとうございます!合格した今の気持ちはいかがですか?

やっと終わったという達成感と、これから好きなことに集中できることが楽しみです!

慶應法を志望したきっかけを教えてください。

かねてより弁護士になりたくて法学部を志望してきました。
高校1年生の時に洋々に通い始め、AO入試で法学部を目指すなら慶應法学部FIT入試がいいのではと教えてもらい、その後自分なりに調べて慶應にしようと決めました。

そもそもAO入試(FIT入試)での受験を考えたのはなぜですか?

もともと一般入試も考えていましたが、一般受験に強い進学校が多くある中で、様々な活動をやらせてくれる私の学校はAO入試向きだと考えており、AO入試での受験を検討しました。

高校時代はどのようなことに取り組んできましたか?

私の高校はスーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定されており、その一環である研究活動に熱心に取り組みました。
子どもの貧困をテーマにボランティア講師も務めながら発表会に出場し、賞もいただきました。

洋々のファーストステップ講座で早くから準備に取り組んできましたね。

高1から洋々に通い始めました。まずは受験に向けた方向性決めから始め、何を武器にして戦っていくのかを決めていきました。
志望理由書については高1の時点で作り始めていましたが、それだけでなく、先ほど言ったSGH活動の研究に関する計画書のアドバイスなど、学校の活動に関するサポートもしていただきました。
こうした学校の活動を充実させることが、結果的にFIT入試準備にも大いに役に立ったと思います。

その後、出願書類の準備はどのように行いましたか?

高2の冬からは書類総合コースに移行し、ここから本格的に志望理由書の作成を始めました。
メンターさんも親切に書類を見てくださり、サポート以外の日でも添削をしていただきました。メンターさんは現役の学生なので大学内部の事情に詳しく、大学生活をイメージすることができました。
その一方で、法律分野で使われるフォーマルな用語などのアドバイスはプロがしてくれました。
志望理由書に書くことは大体決まっていたのですが、やってきたことが多く、ストーリーのなかでどれを取り上げ、どれを削るか、という取捨選択が大変でした。

洋々の小論文サポート、面接サポートはいかがでしたか?
まず小論文サポートでは、受講するまではFIT入試特有の書き方を知らなかったのですが、サポートで詳しく教えていただいたことで、その後の演習も捗りました。
面接サポートでは、自分の意見はすでにあるのですが、それを効果的に伝える方法を確認しました。何回も練習したことで、当日に緊張しなかったことが大きなメリットでした。
本当に受講してよかったと思います。

8月に開催された「慶應法FIT入試2次選考公開直前演習」にもご参加いただきましたね?

それまでは2次選考で実際何をどうやるのかあまりわかっていなかったのですが、直前演習に参加することでそれぞれの方式で当日やることを体感し、明確に理解することができました。
試験の雰囲気に慣れることができたのはよかったです。

本番当日はいかがでしたか?

AB両方式受けましたが、A方式は自分の中ではボロボロでした。
論文試験は傾向の変化に対応しきれず、グループ討論でもあまり触れたことがないテーマが出て苦戦しました。
一方で、B方式の総合考査はすらすらとできました。洋々で培ったことを発揮することができました。試験では洋々の公開直前演習で出題された内容に近い内容がでて、受講していてよかったと思いました。
面接も自分の力を発揮することができました。

早稲田政経グローバル入試も合格されましたが、両立はどのように行いましたか?
基本的には夏休みまでは全部FIT入試の準備に費やしてきたため、早稲田政経に向けては1ヶ月くらいの期間で準備しました。
FIT入試で考えてきた内容を早稲田政経向けに書き直しました。FIT入試では法律を用いてどう解決するのか、を書いてきましたが、それを政治経済に置き換えて考えました。
早稲田政経向けにも洋々で2回程度サポートを受講しました。

今後受験する方へのアドバイスをお願いします。

私は高1の時点で研究活動をして、語学にも力をいれてきたので、そうした経験がFIT入試でも有利に働いたのだと思います。
高校生活を通じて早目に志望理由につながる活動をしておくと良いと思います。
当日のアドバイスとしては、本を持って行く事をおすすめします。私は面接まで3時間待ったのですが、持って行った本も読み終わりやることがなくなってしまいました(笑)。
ぜひがんばってください!

どうもありがとうございました。P.C.さんの今後のご活躍を、洋々のスタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。