総合型選抜(AO入試・推薦入試)・小論文の個別指導塾 洋々

上手くいかない時期も諦めない心が実を結び、国際基督教大学(ICU) 総合型選抜に合格!坂本さん

総合型選抜(AO入試・推薦入試)・小論文の個別指導塾 洋々 > 洋々 卒業生の合格校 > その他 AO・推薦・帰国生入試 > 上手くいかない時期も諦めない心が実を結び、国際基督教大学(ICU) 総合型選抜に合格!坂本さん


上手くいかない時期も諦めない心が実を結び、国際基督教大学(ICU) 総合型選抜に合格!

「メンターとプロ、異なる視点からサポートを受けられるのがとても良かったです!」


坂本奈々美さん

筑波大学附属視覚特別支援学校高等部

国際基督教大学(ICU) 総合型選抜 合格


合格おめでとうございます!合格した今の気持ちを教えてください。

とにかく嬉しかったです。洋々を始めとする沢山の方々に支えられて合格することが出来たので心から感謝しています。


国際基督教大学(ICU)を志望したきっかけを教えてください。

高校でお世話になっていた先輩がICUに進学し、その先輩からいろいろな話を聞いていたこともありずっとICUに興味をもっていました。また、私はもともと国際協力に関心があったので、国際関係や開発研究など、自分の興味ある分野が学べるICUに魅力を感じ志望しました。実際にオープンキャンパスに行った時の雰囲気も、とても自分に合っていると直感的に感じました。


なぜ総合型選抜で受験しようと考えたのですか?

これも先輩方の話を聞いて興味を持ちました。また、書類作成を通して自分についてしっかり考えたかったという気持ちもあり総合型選抜で受験しました。


高校時代はどのようなことに取り組んできましたか?

大きく2つあります。
1つ目は留学です。視覚障害者に対する各国の教育に関心があったので私はイギリスとタイに行き、インクルーシブ教育を学びました。
2つ目は文化祭実行委員会での活動です。2年生の時に委員長を務めたのですが、私の通う学校は視覚特別支援学校ということもあり、同級生や学年の違う仲間と円滑なコミュニケーションをとることがとても大変でした。


出願書類はいつ頃からどのように準備しましたか?

私は高校の進路指導の先生から洋々を紹介していただき3月に洋々に見学に来たのですが、マンツーマンで指導していただけるという点に魅力を感じ入塾を決めました。出願書類は正解があるわけではないので、メンターさんからは主にどのように考えて行くのが良いかという切り口でアドバイスしていただきました。
今振り返ると、自分自身で考えてきたという経験が達成感と自信につながったのだと思います。


面接に向けてどのような準備をしましたか?

面接ではつい話が長くなってしまうことが多く、コンパクトにまとめて話ができるよう練習を重ねました。本番を想定した雰囲気で質問を投げかけてくださり、とてもいい練習になりました。
書類作成の段階で志望理由をしっかりと考えてきたので、面接は苦戦することなく取り組めました。


本番当日はいかがでしたか?

すべてオンラインで行われました。15分間の面接だったのですが、あっという間に感じました。本番の面接は想像以上に楽しく、むしろ洋々の面接練習の方が緊張したほどです。本番直前にメンターさんが送ってくれた「楽しんでくださいね」という言葉にとても助けられました。


入学後の抱負を教えてください。

今までは視覚障害のある人だけの環境で育ってきましたが、大学に入れば障害のない人とも一緒に勉強することになるので、大きな不安もありますが同時に楽しみでもあります。今後はマイノリティーへの教育支援について学び、いろいろな人と関わりながら開発研究を深く学び、将来に繋げたいと考えています。


全体を振り返って、その他に洋々の良かった点があれば教えてください。

洋々では基本的に1回のサポートが50分×2コマと長いので、メンターの方と思う存分話し合うことができました。また、担当してくださったメンターさんがICUの学生さんなので入学後の想像を広げながら楽しく書類を作ることが出来ました。
ワールドカフェやバトルロイヤルなど、受講生同士の交流の機会が沢山あったことも洋々の魅力だと思います。
プロの方はメンターさんとはまた違う、一歩離れた視点から見てくださいます。自分では考えられていなかった、ある意味教授の視点から突っ込んでくれます。メンターとプロ、異なる視点からサポートを受けられるのがとても良かったです。


今後受験する方へのアドバイスをお願いします。

志望大学に行きたいと思う気持ちと、やりたいことに対する熱意を持ち続けることが大事です。準備の中では上手くいかなかったこともありましたが、洋々や他のいろいろな人のサポートがあり、思いを持ち続けたことが今回の合格につながったのだと思います。そのため、この二つは忘れないでください。時には自分の力不足に気持ちが萎えそうになるときもありますが、第一目標を常に見て頑張りましょう!

洋々の皆さんからいただいた「楽しんでください」という言葉はとても印象的です。何事も楽しむことが大事だということを学びました。大学生活も充実したものとなるよう、努力を続けて行きたいと思います!


ありがとうございました。坂本さんの今後のご活躍を、洋々一同心よりお祈り申し上げます。

まずは無料個別相談へ

AO推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!