AO入試・推薦入試とは


AO入試・推薦入試とは、あなたの「世界観」を見る入試制度

AO入試・推薦入試で見られているのは、端的に言うとあなたの「世界観」です。

過去に何を行ってきたか、現在の姿はどのようなものか、どんな未来図を描き、それを実現するために何を行うべきか。これを、志望理由書、プレゼンテーション、面接など、様々な方法で確かめるのが、AO入試・推薦入試の本質と言えます。

AO入試・推薦入試とは

 

対策は出来るのか

―「準備の方法が分からない」「何を見られているのか分からない」「ありのままを出せばいいはず」

AO入試・推薦入試は一芸入試ではない、ということは、随分世の中に理解されてきたとは言え、いまだにAO入試・推薦入試を志す学生から聞こえてくる声です。確かに、「推薦型」の入試は、知識の量を問う試験ではありません。しかしながら、あくまでも大学入試の一形態である、という側面を忘れてはいけません。

大学はどのような人材を欲しいと思っているのでしょうか。確かに環境は大きく変化し、社会で求められる力は変わりましたが、「将来、世の中で活躍できる人材を育成する」という大学の根本的な使命は変わりません。AO入試・推薦入試は、来るべき「不透明な時代」を見据え、そこで活躍できる人材を各大学なりに定義し、その定義にそって将来性のある人材を取ろうとしている入試なのです。

その意味で、表面的な対策は全く意味がありません。過去を見つめ、現在を総括し、世の中に必要とされる将来を描く。これを徹底的に行うことだけが、合格に近づく唯一の王道と言っても過言ではありません。